iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期「iPhone8」は現行モデルより防水性能が強化される!?

2016-09-1214-48-11-e1482142546894.jpeg

今年秋にリリース予定の次期「iPhone8」は現行モデルである「iPhone7」「iPhone7 Plus」よりもさらに防水性能が強化されると韓国メディアのThe Investorが報じました。

最高等級の防水防塵規格に適合か

2016年秋に発売された「iPhone7」「iPhone7 Plus」はiPhoneシリーズ初の防水防塵モデルとしてIP67に適合しています。

防塵等級は6段階、防水等級は8段階あり、「iPhone7」「iPhone7 Plus」は防塵等級最高である「粉塵が内部に侵入しない」ことを意味する6段階目と、「規定の圧力、時間の条件下で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」ことを意味する7段階目のIP67という規格に適合しています。

IMG_0722.jpg

次期iPhoneとなる「iPhone8」がIP68規格に適合するとなると、防水等級が最上位である「製造者によって規定される条件下で、連続的に水中に置かれる場合に適し、原則として完全密閉構造である」8段階目となり、水深1.5メートルに30分間浸しても問題ないレベルであるといえます。

今後は低価格モデルも防水対応が一般的に?

格安モデルはいまだ対応していませんが、中上位モデルでは世界的に見ても防水防塵対応が一般的な機能となってきています。

スマートフォン市場で最大のシェアを誇るSamsungも、フラグシップモデルであるGalaxy S7はIP68規格適合となっていますし、エントリーモデルにも防水防塵対応を拡大する方針のようです。

現在AppleとSamsungは、防水防塵機能を採用するにあたり、防水防塵テープを使用しています。

テープ方式のメリットとしては、接着剤で密封するよりも修理が容易になるということが挙げられますが、一方で、テープが経年劣化することで防水性能が時間経過とともに低下してしまうというデメリットもあります。

とはいえ浸水による故障は保証対象外

iPhoneの防水対応は以前からユーザーが待ち望んでいたということもあって、海外ではシャワーを浴びながら「iPhone7」や「iPhone7 Plus」を使用してSNSに投稿するというのが流行りました。

しかし、Apple、Samsung、SONYなどスマートフォン各社は防水対応モデルであっても温水や海水には非対応であるといっています。

また、保護等級のテストは理想的な状況で行われたテスト結果によるものであって、実際の環境下では壊れる可能性もゼロではないですし、浸水による故障は保証対象外としているので、水場での過度な使用は注意すべきかもしれません。

Source:The Investor
(yori)

Return Top