iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次世代iPhoneは全面ディスプレイ採用?さらに「透明」デザインでAR体験も

19689-20596-170110-Hole-l-e1484212065928.jpg

2017年に発表予定の次期「iPhone8」に全面ディスプレイが採用されるというのはかねてからの噂ですが、それを裏付ける特許が新たに公開されました。

さらに今回公開された特許にはiPhoneを透過する技術も掲載されています。

ディスプレイの背部にカメラや各種センサーが埋め込まれる

アメリカ特許商標庁(USPTO)が今回新たにAppleの「開口部を伴ったディスプレイを持つ電子デバイス」という特許を公開しました。

特許に掲載された技術が実際に使われれば、人間の目では捉えられないレベルの小さな穴を開けたディスプレイを用いることでディスプレイ背部にセンサーやカメラなど様々な部品を埋め込むことが可能となります。

この新しい革新的技術によって、これまでディスプレイとは別の場所に設計しなければならなかった部品をディスプレイ背部に隠せるようになります。

ここでいう部品とは、例えば、FaceTimeカメラ、光センサー、近接センサー、アンテナ、スピーカー、ホームボタンのことで、これらの部品とディスプレイを別の場所に設計していたためディスプレイ周囲にはベゼルスペースが必要でした。

しかしこの技術により、これまで部品に使用していたスペースにまでディスプレイを拡大することができ、全面ディスプレイも実現可能となります。

全面ディスプレイが期待されるiPhone8に採用なるか

また、次期iPhoneに搭載されることが期待されている有機EL(OLED)ディスプレイも全面ディスプレイ化技術を支えています。

バックライトやフィルター層を必要としない有機ELディスプレイの技術の進歩によって、従来の液晶(LCD)ディスプレイでは不可能だった加工や、デバイスの内部・ディスプレイ下部にスペースを設けることが可能となりました。

次期「iPhone8」の一部のモデルが全面ディスプレイになるのではないかといわれていますが、こうした技術が取り入れられるのでしょうか。

透明なiPhoneでAR体験が可能に?

さらに、本特許ではiPhoneをヘッドアップディスプレイ(HUD)化する技術についても触れられています。

デバイスのフロントと背面に透明でウィンドウのような場所を形成し、そこをユーザーが覗き込むと実際に見える景色にオーバーラップしてデジタルイメージが表示されるというものです。

19689-20599-170110-Hole-4-l-e1484212092659.jpg

ポケモンGOのようなAR(拡張現実)を想像するとわかりやすいかもしれませんね。

さらに見た目はドラゴンボールのスカウターです。

Appleの最高経営責任者CEOであるティム・クックは以前からAR(拡張現実)に強い関心を持っているようで、この技術も将来的に実現されるかもしれませんね。

AppleInsiderも、メインカメラを通し、iPhone7 Plusのポートレートモード(ぼかし機能)のようにアルゴリズムが情報をふるいにかけ、実際にディスプレイ上に映るものの情報をユーザーに与えることも可能ではないか、と今回紹介した技術に大きな期待を持っているようです。

先日Googleからリアルタイム翻訳アプリが発表され、カメラを通して文字をリアルタイムでGoogle翻訳にかけることができるようになりましたが、今後AR技術はこういった翻訳など学術面でも大いに活躍しそうですね。

Source:AppleInsider
(yori)

Return Top