iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

「iPhone8」の内向きカメラは3Dセンシング対応で顔認証が可能に?

2017年秋に発売が予定されている次期「iPhone8」のフロントカメラ(FaceTimeカメラ)には赤外線レーダーを活用した3D画像認識機能が搭載されると、Apple関連情報でお馴染みのKGI証券の有名アナリストMing-Chi Kuo氏が予測しています。

3D画像認識技術で物体を立体的に認識できるように

s_i8_04.jpg

Ming-Chi Kuo氏によれば、「iPhone8」のフロントカメラには2013年にAppleが買収したイスラエル企業PrimeSenseの3D画像認証技術が採用されるとのことです。

「iPhone8」のフロントカメラは、通常のカメラ機能に加え、赤外線発信装置&受信装置が設置され、これにより、発信された赤外線が対象物に反射して返ってくるまでの時間を用いるレーダーと同様の方法で対象物の形状を認識することができます。

顔認証のほか虹彩認証やAR/VRにも応用できる

対象物の形状を立体的に認識可能なこの3Dセンシング技術は他にも様々なことに応用できます。

「iPhone8」に採用が期待されている顔認証や虹彩認証だけでなく、3Dセルフィーなど立体的な自撮り写真も撮影可能になることでユーザーの顔をスキャンしてゲームに立体的に登場させるなんてこともできるようになるかもしれません!

今後広まるであろうAR(拡張現実)やVR(仮想現実)にも活用できそうですね。

なお、フロントカメラ自体はSony製で、赤外線の送信機はLumentum社と共同で開発している3Dセンシング技術を使用し、受信機はシャープ製になるとのことです。

J.P. MorganのアナリストであるRod Hall氏は、顔認証技術は指紋認証技術よりもさらに安全性の高いセキュリティ方式なので、iPhoneに搭載されるとなれば、今後小売業や金融機関でApple Payの採用率が高まっていくのではないか、と述べています。

先日Appleは人工知能を活用した顔認証技術専門のイスラエル企業RealFaceを買収したと報じられたばかりです。

今回の3Dセンシング技術に加え、人工知能技術も搭載されればセキュリティはより強固なものになるでしょう。

Ming-Chi Kuo氏も今回のフロントカメラ技術が実際にiPhoneに採用されると仮定した上で、「ユーザーに革新的なユーザーエクスペリエンスをもたらすだろう」と予測しています。

今回の報道では3Dセンシング技術はあくまでもフロントカメラにのみ実装されるとのことですが、今後将来的には外側のiSightカメラにも搭載される可能性が高いです。

なお、今回報じられた情報は過去に、Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏によって伝えられた、「次期iPhoneには顔認証技術を可能にする新しい赤外線センサーを搭載される」という情報と一致しています。

3Dフロントカメラは最上位モデル限定か

2017年秋に登場が予定されている次期iPhoneは有機EL(OLED)ディスプレイを採用したプレミアムモデル「iPhone8」に加え、現行モデルの性能向上バージョンである「iPhone7s」「iPhone7s Plus」が3モデル展開で発売されると予測されています。

しかしながら、3Dフロントカメラ技術は最上位のプレミアムモデル「iPhone8」限定で搭載されると、Ming-Chi Kuo氏は述べています。

「iPhone8」への期待は非常に高く、Appleの株価は上場来高値を更新しても、さらに上昇が予測されています。

Appleは「iPhone8」の大ヒットを見越して前倒しで量産体制に入り、今秋の発売に向けて1億台以上の在庫を準備すると噂されています。

例年より多くの期待を集める「iPhone8」、登場がいまから待ち遠しいですね!

Source:MacRumors
(yori)

https://www.macrumors.com/2017/02/21/upcoming-oled-iphone-camera/

Return Top