iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期「iPhone8」の発熱対策か、Appleが熱対策技術の特許を取得

i8-wr01.jpg

次世代iPhoneの発熱対策のための特許をAppleが申請していたことが明らかになりました。

特許では次期「iPhone8」にワイヤレス充電機能が搭載された際の発熱対策として以前から予測されていた手法と類似した、グラファイト製のシートを用いた放熱方法が記載されていました。

発熱部をグラファイトシートで包み、効率的に放熱

スマートフォンの発熱問題といえば、世界中で発火や爆発を繰り返したSamsungの「Galaxy Note 7」が代表的ですが、それだけでなくiPhoneを含むあらゆるスマートフォンでも発火事故は起きています。

高性能化と高密度化などスマートフォン技術の発展に伴い、発熱対策は重要性を増しています。

Appleが2015年後半に、本体内部に発生した熱を効率的に放熱する技術の特許を申請していたことが、アメリカ現地時間2月10日に米国特許商標庁が公開した資料から明らかになりました。

Apple-Patent-heat.jpg

特許申請書には、複数の素材を組み合わせた、熱伝導性の高いグラファイトシートを用いて、熱の発生源となる部分を包み込んで、熱を移動させ放熱する方法が記載されています。

著名アナリストもワイヤレス充電との同時採用を予測

Apple製品情報に詳しいKGI証券の著名アナリストであるMing-Chi Kuo氏も先日、ワイヤレス充電機能が搭載された次期「iPhone8」のTouch ID部分における発熱対策として、グラファイト製シートが採用されるという予測をレポート内で発表していました。

iPhoneの安全性向上が期待できる特許

現時点でほとんどの電子機器に採用されているリチウムイオンバッテリーは高いエネルギー効率と安価なコストがメリットですが、熱や衝撃に弱く、膨張・爆発する可能性があるというデメリットがあります。

今回のAppleによって申請された特許が今後製品化される際に活用されるかどうかはわかりませんが、もし実装されればiPhoneの安全性の向上が期待できそうですね、

毎日肌身離さず持ち運ぶほど日常の必需品となっているだけに、今後さらなる安全性の向上が求められています。

なお、最近の報道で、日本の産総研がリチウムイオンバッテリーの弱点となっていた液体の不安定性を克服し、全固体リチウムイオンバッテリーの開発に成功したと話題になりました。

Source:Patently Apple
(yori)

Return Top