iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期「iPhone8」は電池が長持ちするとMorgan Stanleyが予測

有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した次期「iPhone8」は現行モデルの「iPhone7」よりもバッテリーが長持ちするとApple製品の情報に精通しているMorgan StanleyのアナリストであるKaty Huberty(ケイティ・ハバティ)氏が予測しています。

曲面ディスプレイを搭載

kgi-battery.jpg

Katy Huberty氏はこれまでの多くの予測を踏まえて、2017年今年秋に発売が見込まれている次期iPhoneについて、現行モデルのアップデートバージョンで従来同様液晶ディスプレイを搭載した4.7インチモデルの「iPhone7s」、5.5インチモデルの「iPhone7s Plus」に加え、有機ELディスプレイを搭載し機能やデザインが大幅に刷新された「iPhone8」の3モデル展開になると予測しています。

また、iPhone誕生10周年記念のプレミアムモデルとなる「iPhone8」は認証のための3Dセンサーを搭載し、ワイヤレス充電に対応、そのほか、人工知能ソフトウェア機能が向上すると予測しています。

さらに、搭載されるアクティブマトリックス式有機ELディスプレイ(AMOLED)は曲面ディスプレイとなり、バッテリー持続時間も延びると述べています。

アメリカのメディアMacRumorsが得たKaty Huberty氏の調査メモによると、 特に中国を中心に世界中のユーザーが大幅にアップデートされた「iPhone8」の発売を心待ちにしており、「iPhone8」の人気が同時に発売される予定の「iPhone7s」や「iPhone7s Plus」の売上も押し上げるだろう、とのことです。

バッテリー持続時間は50%向上か

これまでも「iPhone8」のバッテリーに関してはKGI証券のMing-Chi Kuo氏が、基板の高密度化によって空いたスペースにバッテリーをL字型に配置し、それによって従来の4.7インチモデルと同等の本体サイズのまま、2700mAhという従来の5.5インチモデル並のバッテリー容量を実現すると予測していました。

なお、現行モデルのバッテリー容量は、4.7インチの「iPhone7」が1960mAh、5.5インチの「iPhone7 Plus」が2900mAhとなっています。

Ming-Chi Kuo氏は従来の液晶ディスプレイモデルのバッテリー持続時間よりもさらに50%向上すると予測しています。

Katy Huberty氏はバッテリー持続時間については触れていませんでしたが、Ming-Chi Kuo氏の情報と照らし合わせて考えても次期「iPhone8」バッテリー持続時間向上の可能性は高いでしょう。

Source:MacRumors
(yori)

Return Top