iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次世代「iPhone8」はOLED搭載でコスト増加か

2017年は初代iPhone誕生から10周年を記念して、秋に発売が予定されている新型iPhoneには大幅なリニューアルが見込まれています。

ここ最近の噂では、従来のアップデートバージョンの「iPhone7s」と「iPhone7s Plus」に加え、プレミアムモデルの3モデル展開となるようです。

中でも、プレミアムモデルが注目を集めていますが、このモデルにかかる開発費がAppleの利益を圧迫するのではないか、との見方も。

特殊なiPhoneの登場で利益にも影響が?

iphone-8-concept-7-e1484048229483.jpg

Cowen & Companyのアナリストであるティモシー・アーキュリィ氏は新型iPhoneの登場によってAppleの利益に影響がでるのではないか、と予測しています。

ティモシー・アーキュリィ氏によると、次期「iPhone8(iPhone X? )」の開発によってかかるコストが第2四半期(1〜3月)には5,000万ドル(約55億円)になり、これがAppleの負担となると述べています。

このコストは新型iPhoneが従来の4.7インチモデルや5.5インチモデルで使用されていた液晶ディスプレイ(LCD)ではなく、有機ELディスプレイ(OLED)を採用することによるもので、ディスプレイ市場における有機ELディスプレイの供給不足がコスト増の原因となっているとのことです。

Appleは次期iPhoneの有機ELディスプレイについて、Samsungから5.8インチの曲面パネルの独占供給を受ける見込みです。

なお、ティモシー・アーキュリィ氏は過去のレポートで、次世代型iPhoneにはインカメラ・受話部・Touch IDの指紋センサーをすべて有機ELディスプレイ内に埋め込み、ベゼルレスの全面ディスプレイが実現すると予測しています。

Apple第1四半期の売上

1月31日にはAppleの第1四半期(10〜12月)の売上が発表されました。

第1四半期のiPhoneの出荷台数はティモシー・アーキュリィ氏
やBarclaysのアナリストであるマーク・モスコビッツ氏が予測した7600万という数字に近い、7829万台で過去最高を記録しました。

なお、ティモシー・アーキュリィ氏は第2四半期(1〜3月)のiPhone出荷台数については5,050万台と予測しており、秋に発売が見込まれている新型iPhoneがユーザーの間で意識され始めるのではないか、と述べています。

2月に入りこうして情報がたくさん出てくると買い控えする人も増えるでしょうね。

Source:AppleInsider
(yori)

Return Top