iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期iPhone Edition?8?は縦横比2:1の5.8インチ平面ディスプレイを搭載か

IMG_1582.jpg

今秋発売の「iPhone8」はこれまで曲面ディスプレイを搭載すると噂されてきましたが、曲面ではなく従来同様に平面ディスプレイを搭載し、縦横比が従来より縦長になる、とIHS Markitのアナリスト、Wayne Lam氏が予測しています。

2017年のトレンドは縦長ディスプレイか

アメリカ大手メディアMacRumorsによれば、Appleなどスマートフォンメーカーのサプライチェーン各社の動向に精通している調査会社HIS Markitのアナリスト、Wayne Lam(ウェイン・ラム)氏が「今年発売されるiPhoneのプレミアムモデルには、現在と同様に平面ディスプレイが採用されるだろう」と述べているとのことです。

IMG_1583.jpg

Wayne Lam氏は「iPhone8」について、ホームボタンが廃止され、フロントはベゼルレスの全面ディスプレイのデザインとなっており、2017年には最近発表されたLGの「G6」や、先日に外観写真がリークされたSamsung の「Galaxy S8」のような縦長ディスプレイのデザインがトレンドになると予測しています。

LGの「G6」は5.7インチの液晶(LCD)ディスプレイを搭載していますが、画面の縦横比は9:18で、現行の「iPhone」シリーズの9:16と比べて縦長となっています。

th_LG-G6-01 copy.jpg

先日流出したSamsung「Galaxy S8」の写真を見てみても左右上下のベゼルがほとんどなくなり、やや縦長ディスプレイとなっていることがわかります。

GalaxyS8

大画面化と片手操作のしやすさ、両方を同時に実現しようとすると縦長ディスプレイとなるのかもしれませんね。

ほかの有力アナリストも平面ディスプレイを予測

今回の情報は以前KGI証券のMing-Chi Kuo氏や中国の調査会社TrendForceが予測していた、次期「iPhone8」には「iPhone6」以降のモデルと同様にディスプレイの縁がボディに沿って緩やかな曲面となっている「2.5D」ディスプレイを採用するという見解とも一致しています。

アメリカの有力紙Wall Street Journalは先日、次期「iPhone8」にはSamsung製の曲面有機EL(OLED)ディスプレイを採用すると伝えていましたが、今回は有機ELディスプレイかどうかについて詳しい情報はありませんでした。

ディスプレイは曲面となるのか、平面のままか

これまでにも幾度となく、次期「iPhone8」のディスプレイは曲面になるという情報が報じられてきました。

これが従来同様のボディに沿って少しだけ曲面となっている「2.5D」ディスプレイを指しているのか、それとも有機ELディスプレイを採用すれば曲面化が可能になるという特性からの推測なのか、両者の可能性があるとMacRumorsは述べています。

なお、最近の情報では、次期「iPhone8」は名称が「iPhone Edition」となり、5.8インチディスプレイにはファンクションエリアが含まれていて、実質有効エリアは5インチほどになるという情報もあります。

ただし、現時点では試作段階で、仕様などはほとんど未確定であるため、例年通りの9月の発売には間に合わないという噂もあります。

Source:MacRumors
(yori)

Return Top