iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期iPhoneプレミアムモデルの曲面ディスプレイはGalaxy S7 Edgeより控えめになる?

s_8-764-min.jpg

2017年秋にiPhone誕生10周年記念プレミアムモデルとして大幅なアップデートが施され発表されることが見込まれている次期「iPhone”8?” “Edition?”」はこれまでも有機ELディスプレイ(OLED)を搭載するといわれており、有機ELディスプレイの特性を活かし、曲面ディスプレイ仕様になるとも考えられています。

しかし、「曲面」といっても私たちが想像するような、特別な機能が追加されたものになるわけではないようです。

曲面のカーブはGalaxyよりも緩やかに

プレミアムモデルとして発表される次期「iPhone8(仮称)」については、ディスプレイサイズがファンクションエリアを含む5.8インチになりながらも、本体サイズは現行4.7インチモデルの「iPhone7」と同等になることや、有機ELディスプレイを活用して曲面になるなどこれまでにないディスプレイが採用されるといわれてきました。

しかし実際のところ、上記の情報は憶測に過ぎず、次期「iPhone」プレミアムモデルは「Apple Watch Edition」と合わせるために曲面の有機ELディスプレイ、デュアルカメラ、ワイヤレス充電機能、Lightningコネクタなどを採用するということ以外はっきりとわかっていません。

ただ、今回Nikkei Asian Reviewが業界関係者から明かされた情報によると、次期「iPhone8」に搭載される予定の曲面有機ELディスプレイは、Samsungの「Galaxy S7 Edge」より曲面のカーブが緩やかになるとのこと。

緩やかなカーブになる要因の1つとしては、あまりにもカーブの強いガラスのカバー部分をスクリーンに合わせることが困難だったためではないか、と述べられています。

これに関しては、以前、IHS MarkitのアナリストであるWayne Lam氏が予想していた、現行モデルと同様に2.5Dラウンドエッジ加工が施された平面に近いディスプレイを採用するのではないかという情報と一致しています。

曲面部分にウィジェット表示などはまだできないかも

また、Nikkei Asian Reviewが得た同関係者の情報では、スクリーンにおける実質有効エリアは5.2インチほどになり、これまでと比較してなにか新しい機能が追加されるわけではないとのことです。

以前から曲面ディスプレイを採用しているSamsungのGalaxyシリーズでは、カーブのエッジの部分を有効活用し、バッテリー残量や時刻、ニュースなど各種アプリのウィジェットを表示することができます。

ただ、以前報じられたようにディスプレイにおける実質的な有効エリアは5.1〜5.2インチになるという情報は一致しており、カーブやファンクションエリアの搭載の可能性は高いのではないでしょうか。

なお、先日Macお宝鑑定団Blogが公開した情報では、Appleは次期「iPhone8」に関して、10種類を超えるさまざまなプロトタイプを作っており試作段階であるとのこと。

Appleはまだ「iPhone8」について最終的なデザインの決断をまだ下していないということや、例年通り秋には発売準備ができないという情報もあり、今後も新たな変更が加わる可能性は大いにあります。

続報が入り次第お伝えします。

Source:Nikkei Asian Review
(yorimorishima)

Return Top