iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期「iPhone8」のスクリーンブラケットと思われる写真が流出

IMG_3614-e1499036166558.jpg

これまでも数多くのiPhone関連のリーク情報を公開してきたBenjamin Geskin氏が新たに、次期「iPhone8」のスクリーンブラケットと思われるものの写真を公開しました。

ホームボタンはやはり廃止か?新たなパーツが流出

Benjamin Geskin氏はつい先日も「iPhone8」のケースの画像を公開して話題となっており、iPhoneのリーク情報には定評のある人物です。

今回投稿されたスクリーンブラケットと思われるものの写真はiPhone製造で有名なFoxconnの工場内部で撮影されたと考えられており、ホームボタンの穴が存在しないことから噂通り物理的ホームボタンは廃止され、Touch IDはスクリーンに埋め込まれることが予想されます。

さらに、Benjamin Geskin氏は比較のために現行モデルである「iPhone7」のスクリーンブラケットの写真も公開しています。

「iPhone7」のスクリーンブラケットにはホームボタン用の切り欠きがあることがわかります。またベゼル部分も「iPhone8」のスクリーンブラケットは「iPhone7」に比べて上下が極細になっています。

ここまでスクリーンブラケットのデザインが異なっているということはスクリーン周辺のデザインは大きく変更されると考えていいでしょう。

有機ELディスプレイ埋め込み式Touch IDには課題が残る

以前から「iPhone8」では従来モデルでディスプレイ下部に存在したホームボタンが廃止され、その分有機ELディスプレイとなったスクリーンが本体前面を覆うデザインになるといわれてきました。

その際、Touch ID指紋認証センサーはディスプレイに埋め込まれるという噂と、本体背面に配置されるという噂、廃止されて新たな生体認証技術が用いられるという噂の3通りの噂が交わされてきました。

最も有力と考えられているのはディスプレイ埋め込み型のTouch IDですが、先日中国で開催された展示会でQualcomm製のディスプレイ埋込み式指紋認証センサーのデモが行われた際にはその反応の遅さが指摘されていました。

一時期話題となったTouch IDの背面への移動はここ最近のリーク情報から可能性は低く考えられていますが、顔認識や虹彩認証など新たな生体認証技術が指紋認証の代わりに採用されるという可能性は高いかもしれません。

なお、有機ELディスプレイの供給上の問題によって、「iPhone8」の本格生産開始には遅れが生じており、初期の出荷台数もかなり限られた数になると報じられています。

とはいえ、公開された画像が本物であれば「iPhone8」はすでに製造開始されており、例年通り9月の発表に間に合うとも考えられます。

ただ、初期出荷台数を考えると広くユーザーの手に渡るのは従来モデルよりも遅くなりそうですね。

Source:Twitter
(yorimorishima)

Return Top