iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

「iPhone8」鏡面化加工とワイヤレス充電を両立?Appleが特許を申請

iphone8-5c02.jpg

先日、今年秋発売予定の次期「iPhone8」には鏡面仕上げの新色「ミラー(クラシック?)」が追加され、ブラック、ジェットブラック、シルバー、ミラー(クラシック)の4色展開となるという噂をお伝えしました。

どうやら今回の新情報はそれを裏付けるものになるかもしれません。

Appleは光沢のある表面でありながら傷がつきにくく、ワイヤレス充電にも影響しない鏡面加工技術の特許を申請していたことがわかりました。

iPhone8は鏡面化加工とワイヤレス充電を両立か

アメリカの大手メディアCNBCが、Appleは光を反射しつつ傷がつきにくい層でiPhoneの表面に覆う技術の特許を申請していた、と報じました。

iPhone8_mirror-10.13.41-min.jpg

「光学的反射層(optically reflective layer)」と題された特許技術は、デバイスを覆う半透明の層に金属の粉末を封入することによって、陽極酸化処理を施した金属のような光の反射を実現することができる、と記載されています。

この技術が実現すれば、デバイスの表面を滑らかで継ぎ目のないデザインにすることができますし、電気信号に干渉しないため次期「iPhone8」で採用が期待されるワイヤレス充電機能にも影響しません。

光沢のある継ぎ目のないデザイン、考えるだけでワクワクしますね。「iPhone6」からデザインに加わったアンテナのライン通称Dラインは現行モデルでこそ、多少スマートな印象になりましたが、それも不要になるかもしれませんね。

現行モデル「iPhone7」「iPhone7 Plus」にはジェットブラックという新色が追加され、かなりの人気を博していましたが、傷つきやすいという欠点もありました。

今回の技術が実用化されれば、上品な光沢と傷つきにくさを両立することができるので、期待が高まりますね。

将来のiPhoneはセラミック製という噂も

ほかにも、AppleはiPhoneの表面を強化セラミックで覆う技術の特許も申請しています。

この特許では、これまでの製造方法だと大規模な設備が必要なであったセラミックの加工を、レーザー研磨によって効率よくするための技術が記載されていました。

もちろん採用されない特許が数多くあるのも事実ですが、すでにAppleはApple Watch Editionにセラミックを採用しており、今後iPhoneに使用する可能性も否定できません。

Source:CNBC
(yorimorishima)

Return Top