iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期iPhone8 (Edition/X/Pro)の価格高騰はSamsungが原因?

474A7696.jpg

いよいよ来週発表される「iPhone8 (Edition , Pro, X)」の価格は11万円以上になることが噂されており、512GBの最上位モデルに至っては、なんと13万円以上になるかもしれません。

この価格高騰の原因はSamsungに依存した有機ELディスプレイパネルの供給であると、iPhone情報に詳しいKGI証券のMing-Chi Kuo氏は指摘しています。

有機ELパネルのSamsung依存が大幅な価格上昇に影響か

iphone8prodummyfrontback.jpg

Ming-Chi Kuo氏によれば、プレミアムモデルに搭載される「有機ELディスプレイパネルの供給はSamsungに
よってコントロールされている」とのこと。

そもそも従来モデルに搭載されていた液晶パネルよりも有機ELパネルのほうが割高ではあります。

とはいえ、5.5インチモデルの液晶パネルが1枚あたり45〜55ドルであるのに対し、有機ELパネルはその2〜3倍となる120ドル〜130ドルで供給されているようです。

有機ELパネルは次期iPhoneには必要不可欠な重要なパーツであることから、こうした価格交渉における不利な立場を脱するため、Appleも手段を講じています。

今年7月4日にはLG Displayの有機ELディスプレイ工場に投資したと報じられており、今年7月24日にはSamsungへの依存度を低下させるために有機ELパネル技術を独自開発中であるとも伝えられています。

しかし、Samsungへの依存度以外にも、次期「iPhone8」の価格が大幅に上昇する要因はあります。

以前からいわれているように、顔認証機能「Face ID」のための3Dセンサーや虹彩認証センサーの搭載もコスト増につながっており、現行モデル「iPhone7」「iPhone7 Plus」よりも高い価格設定になることは当然の流れです。

さらに、Appleは実際の製品の原価とは関係なしに、10周年記念の「プレミアムモデル」というブランディングのために、意図的に価格を引き上げる可能性もあります。

従来モデルや、併売されるマイナーアップデートモデル「iPhone7s(8)」「iPhone7s(8) Plus」がこれまで同様の価格設定であれば、プレミアムモデル「iPhone8 (Edition, Pro, X)」がマーケティング的な理由でそれらよりも高い価格設定になることは至極当然のことといえるでしょう。

Source : MacRumors
(yorimorishima)

iPhone8/X(仮)発表〜予約開始日〜発売日の予想

例年通りのパターンなら以下の日程が有力!

・発表イベント 日本時間9/13午前2時

・9月15日(金)16:01〜予約開始

・9月22日(金)発売日

新型iPhoneの予約攻略

以下、公式オンラインショップの予約方法(去年 iPhone7の予約体験記)を参考に!

▶︎ソフトバンク iPhone8 予約攻略

▶︎ドコモ iPhone8 予約攻略

▶︎au iPhone8 予約攻略

▶︎simフリー iPhone8 予約攻略

今年も新型iPhoneの予約状況や入荷・在庫状況の報告を予約ゲット.comでお待ちしております!入手日の目安をつけましょう。

Return Top