iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

2018年新型モデルiPhoneの3種のうち、6.1インチモデルの背面パネルは金属製に?

2018-iphone-backpanel.jpg

2018年に販売される新型モデルのiPhoneに関する新たな情報が公開されました。

これまでに発信された有力な情報として、2018年に販売される新型モデルのiPhoneは、5.8インチモデル、6.5~6.6インチの大型モデルのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載した2つのモデルに加え、6.1インチモデルのLCDディスプレイモデルを加えた3つのモデルを販売すると予想されています。

今回、情報を公開した「NIKKEI ASIAN REVIEW」によると、この3種の新型モデルのiPhoneのうち、6.1インチのLCDディスプレイを採用した端末に用いられる背面パネルは、現行の最新機種「iPhoneX」「iPhone8/Plus」のようなガラス製ではなく、前年のモデルである「iPhone7」のような金属製になるだろうとのことです。

LCDディスプレイ2018年新型iPhoneはワイヤレス充電できない?

「iPhoneX」「iPhone8/Plus」の背面パネルがガラス製になった理由には、”革新的なデザインにするため”という理由の他に、”ワイヤレス充電という機能を搭載するため”という理由があります。

というのも、背面がアルミニウム製のiPhoneでは、ワイヤレス充電の際に使用する「ワイヤレス充電マット」から、充電に必要な電気を充分に受け取れないという問題がありました。

そういった問題点を改善するために、従来のアルミニウム製の背面パネルから、ガラス製の背面パネルに変更されたという経緯となっています。

海外メディアの「MacRumors」では、もし、2018年登場する3つの新型モデルiPhoneのうちの1台が、背面パネルに金属製のメタルカバーを採用するのであれば、その端末はワイヤレス充電には対応しないだろうと伝えられています。

LCDディスプレイを採用すると予想されている6.1インチモデルのiPhoneは、インドや東南アジアなどで購入されることを強く想定されており、他2モデルよりも価格を比較的安価に抑えたものであるという予想もされています。

その為、「ワイヤレス充電機能」や「背面ガラスパネル」といった開発にあたりさらにコストがかかる機能が搭載されないといったことは充分に考えられ得ることです。

「iPhoneX」「iPhone8/Plus」の背面ガラスパネルには賛否両論

iphonex-Consumer-Reports2.jpg

一方で、「iPhoneX」「iPhone8/Plus」に採用されているガラス製の背面パネルに対し、疑問視する声もあがっていることは少なくありません。

先日、米専門誌の「Consumer Reports」では、「iPhoneX」の総合評価点を下げた主な理由のひとつとして、ガラス製の背面パネルの”耐久性の弱さ”を挙げています。

さらに、ガラス製の背面パネルが破損してしまった際、Appleでは「その他の故障」として扱われるため、修理費が高額になってしまうというデメリットもありました。

そういった中で、「やはりアルミニウム製の背面パネルのほうが良い」という声もあるため、LCDディスプレイモデルの2018年新型iPhoneに、金属製の背面パネルが採用されるという予想は、一部のユーザーにとっては嬉しいニュースなのではないでしょうか。

今後も2018年新型モデルのiPhoneについて、新たな情報が次々と公開されていきます。続報に注目です。

[Source:MacRumors](yorimorishima)

Return Top