iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

2018年次期iPhoneに向けた「A12」チップは台湾のTMSCが供給か

A12chip-tmsc.jpg

モバイル端末向けチップのサプライヤーである台湾のTMSCが、2018年に販売される次期iPhoneに搭載される「A12」チップを独占的に供給することを台湾メディアのDigiTimesが明らかにしています。

「A12」チップは7nmプロセスで製造か

現在の最新モデルである「iPhoneX」に搭載されている「A11」チップは10nmプロセスで製造されていましたが、「A12」チップは7nmプロセスで製造される模様です。

7nmプロセスで製造することによって、製造プロセスが細分化され、チップの小型化に必要な材料が少なくなり、製造コストが下がることが見込まれています。

さらに、7nmプロセスではチップ内の素子から素子への配線が短くなるため、消費電力が抑えられ、速度も向上するといった端末のパフォーマンスの面でも進化することが見込まれています。

Appleのシステムチップのサプライヤーとしては、台湾TMSCの他に、Samsung社などがありましたが、この7nmプロセスにおける技術的優位性を勝ち取ったことで、台湾のTMSCが独占する形となったと伝えられています。

合わせて、この7nmプロセスは、2018年春に販売されると予想されている「iPad X」(仮称)に搭載される「A11X」チップにも採用されるとのことです。

AppleInsiderでは、台湾TMSCは今後もAppleへのシステムチップ供給を拡大すると伝えられており、2019年には上位互換である5nmプロセスを導入した工場を準備し、2020年にはそのさらに上位互換である3nmプロセスを導入した工場を準備中と伝えられています。

新たな体制で生まれたシステムチップを搭載した2018年新型iPhoneが、一体どこまで進化しているのか、今から楽しみでなりません。

[Source:AppleInsider](yorimorishima)

Return Top