iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

2019年新型iPhone11(仮)は進化したFace IDが搭載される可能性が高い

iPhone_faceID20181103.jpg
2019年の新型iPhone11(X1)ではFace IDの精度が今よりもさらに向上するという情報が入ってきました。

2019年新型iPhoneはFace IDの精度がアップ

サプライチェーンの情報を元にした次期Apple製品の予想で定評のある、TFインターナショナル証券のMing-Chi Kuo(ミン・チー・クオ)氏の情報です。2019年新型 iPhone には、現在販売されているXS/XS Max/XRの「Face ID」をさらに改良したものが搭載されると予想しています。

「Face ID」はスクリーン上部にあるセンサーから赤外線を照射して、ユーザーの顔の輪郭や目や鼻の位置を測定し認識します。そのときに環境光が強いと測定の精度が下がり、顔認証時の認識率が下がってしまいます。そのため、環境光の干渉を低減するように改良を行うということです。

その改良のポイントは赤外線の投射装置「Flood Illuminator」のアップグレードです。これにより環境光がFace IDに与える影響が減り、顔認証時のときの精度の向上が期待できます。

「Face ID」の顔認証は、マスクをしているときの認証の問題などがあり、Touch IDの方が認証に便利だという場面がまだあります。

また、新iPad Proに搭載された「Face ID」は、本体が縦でも横でも顔認証できるものになっていますが、これはiPhoneXR/XS/XS Max ではできないので、2019年新型 iPhone では実現してほしい部分です。

2019年新型iPhoneではスクリーン上の指紋認証機能は見送り

ミン・チー・クオ氏は他にも、2019年新型iPhoneではTrueDepthカメラは背面カメラに搭載されないことや、スクリーン上での指紋認証は採用されないとも予想しています。

スクリーン上で可能な指紋認証機能を搭載しても、センサーが日光下で透けて見えてしまう技術的問題がまだ解決されていないので、iPhoneにスクリーン上の指紋認証機能が搭載されるのは、もう少し先になりそうだということです。

Touch IDからFace IDに認証システムを完全に移行したAppleとしては、認識率を改良することは当面の課題になっているようです。

[情報元:appleinsider 9to5Mac]
(nishiyama082)

Return Top