iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone12はイヤホンが同梱されない初のiPhoneになるか

iPhone12_20200522_1.jpg

2020年、秋に発売予定の新型iPhone、iPhone12はイヤホンが同梱されない可能性があると、アナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えています。

今までのiPhoneにはイヤホンが同梱

iPhone11シリーズまでは、購入時のボックスに有線のEarPodsイヤホンが付属品として入っています。
Appleは、iPhone7とiPhone7 Plusからイヤホンジャックを廃止したので、7/7 Plus以降のモデルは、Lightning接続のEarPodsがセットされています。

イヤホンをLightning接続にするための移行期間として、iPhone XSより前のモデルまで、3.5mmのイヤホンをLightning接続するためのアダプターを同梱していましたが、これもXS以降のモデルには付属しなくなりました。
AppleがLightning接続のイヤホンへの移行が完了した上で、次はワイヤレスへの移行を考えているのであれば、その流れは自然です。

iPhone12にEarPodsが同梱されないのはAirPodsの出荷台数を伸ばすため?

iPhone12シリーズにEarPodsが同梱されないとすれば、ユーザーはワイアレスイヤホンを別に購入しなければなりません。iPhoneと一番親和性が高いのは「AirPods」ですから、まだワイアレスイヤホンを持っていないユーザーはAirPodsを購入する可能性が高くなりますね。

iPhoneユーザーなら、AirPodsを持っている可能性が高いので、iPhone12にEarPodsが同梱されていても使用しない可能性の方が高くなります。それならばEarPodsを同梱しない代わりに価格を少しでも下げてくれた方が、ユーザにとってはありがたいのではないでしょうか。
EarPodsの価格はApple公式ストアでは2,800円(税込)で販売されています。AirPods with Charging Caseの価格は17,800円(税別)です。

ウェアラブルデバイスの出荷台数と新AirPodsの予想

IDC Japanによると、2019年の第4四半期(10~12月)と通年のウェアラブルデバイスが、「前年同期比82.3%増の1億1894万台、2019年通年では前年比89.0%増の3億3650万台」と伝えています。この数字は「IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker 2019Q4」のデータがベースです。

メーカー別で見ると、Apple、Xiaomi、Samsung、Huawei、Fitbitの順になっていて、AppleのAirPods、Apple Watchが順調ということがわかります。

ウェアラブルデバイスの中でも、躍進しているのは耳装着型デバイスで、今後iPhone12の発売に合わせる形でAirPodsのプロモーションをすると、さらに売上は加速するでしょう。その戦略として、iPhone12からEarPodsを同梱しないというのはうなづけますね。

AirPodsについては、Ming-Chi Kuo氏の予測では、AirPods(第2世代)の後継モデルは2021年の前半に、AirPods Proの後継モデルは2022年3月までに発表ということです。

それに対してリーカーのジョン・プロッサー氏は、AirPods(第2世代)の後継モデルは5月か6月に発売されるだろうとTwitterに投稿しています。

それに対してリーカーのジョン・プロッサー氏は、AirPods(第2世代)の後継モデルは近いうちに発売されるだろうとTwitterに投稿しています。

iPhone12は2020年9月に発表、発売日は9月から10月になるのではと予想されています。

[Source & 画像:9to5Mac , IDC , Apple]
(nishiyama082)

Return Top