iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

新型iPhone SE(第2世代)の予想部品価格は217ドルで原価率は54%

iPhoneSE_2020_0518_1.png

Nikkei Asian Reviewによると、新型iPhone SE(第2世代)64GBモデルの製造に関する部品コストの総額は、217ドルと予想され、その原価率は54%だということです。

旧モデルの部品構成を多用して全体のコストをおさえる

新型iPhone SEは国内のSIMフリー版が44,800円からと、今までの新モデルiPhoneからすると販売価格が低く設定されています。

その価格を実現しているのが、今までのiPhoneの部品構成をできるだけ新型iPhone SEに使用している点です。

Nikkei Asian Reviewに掲載されている、調査会社Fomalhaut Techno SolutionsがiPhone SE(第2世代)を分解分析した結果を見るとよくわかります。

部品コストは全体的に低下

新型iPhone SEに使われている部品で、低コストに貢献しているのは以下のものです。

内蔵ボード⇒iPhone8同等
外装⇒iPhone7,8同等
ディスプレイ⇒iPhone6から8と同じ
バックカメラ⇒シングルで小さい
バッテリー容量⇒ハイエンドモデルの60%以下

性能をアップしたことで、コストがかかっていると思われるのは以下の項目です。

計算処理能力⇒iPhone11同等
画像処理⇒鮮明な画像処理
通信速度⇒5Gに対応していないがiPhone8より高速

総合的にみても、新型iPhone SEの部品コストは全体的に低下しているので、このことが今までにないお得な販売価格を実現している要因であることは明らかです。

新型iPhone SE(第2世代)の予想原価率は54%

iPhone8までの低価格化した部品を利用することで、部品コストを下げることに成功した新型iPhone SE。販売価格に対する原価率は実に54%になるということです。予想部品価格が217ドル、日本円に換算すると約23,500円です。

iPhone8が38%、iPhone11が48%といわれているので、新型iPhone SEの原価率54%は非常に高いことがわかります。

Appleの公式ストアで下取りを出して新型iPhone SEを購入すると、64GBモデルなら29,800円(税抜)から購入できます。

キャリアでの販売も64GBであれば、3万円を切る価格になっていますから、ユーザーにとって新型iPhone SEは「買って損はない高性能iPhone」と言えるでしょう。
Androidにこの価格帯をもっていかれることを阻止するために、性能を高めてユーザーが満足するiPhoneを投入していると見てもいいのではないでしょうか。

ファーストiPhoneとして、AndroidメインだけどiPhoneを2台もちにしたい、iPhone6s,7からの買い替えにと、「性能・質感・価格」のバランスに優れた新型iPhone SE(第2世代)はおすすめです。

[Source::Nikkei Asian Review]

SIMフリーのiPhone SE(第2世代)はApple公式ストアから!

▷Apple公式サイト

SIMフリー版の他に、ドコモ ソフトバンク auのオンラインショップもチェックしてください!

▶︎au Online Shop

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎ドコモオンラインショップ

iPhone SEの入荷報告は予約ゲットコム掲示板で情報共有をぜひお願いします!
(nishiyama082)

Return Top