iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone12の発売日が10月以降になる?検証試験未完了で量産開始時期に大幅な遅れ

iPhone12_20200622_1.jpg

2020年の秋に発売予定とされるiPhone12シリーズの発売時期について、新型コロナウイルスの影響で発売時期が遅れ、10月になるのではないかという噂が多くありました。
最近では、サプライチェーンの生産能力が復活したことで、例年通り9月に新型iPhone、iPhone12シリーズの発表・発売が可能になるとの情報も入っています。
しかし、Nikkei Asian Reviewは、iPhone12の量産の時期が1カ月から2カ月遅れていると伝えています。

iPhone12の量産に入るためのテストが一部未完了で遅れが出ている

iPhone12シリーズを量産するためには、技術検証試験(Engineering Validation Test:EVT)と設計検証試験(Design Validation Test:DVT)、そして、生産検証試験(Product Validation Test:PVT)に合格しなければなりません。

この中でEVTについては、例年のスケジュール通りだと5月末に完了しなければならないのですが、今年度のiPhone12は、やっと6月末にほとんどが完了したという状態で、明らかに遅れが生じているということです。
また、量産に向けて気になる点は、EVTについては完了したものの、DVTとPVTがまだ完了していないと報じられていることです。

Appleはこの遅れを取り戻すためにサプライチェーンといっしょに努力をしていることから、最悪2021年まで発売が延期されるという事態は避けられそうだが、例年通りのスケジュールから遅れる可能性があるとNikkei Asian Reviewは報じています。

iPhone12の発売時期遅延に既存機種の増産を準備

Nikkei Asian Reviewの情報筋によると、Appleが2020年初めに設定したiPhoneの販売予定数の1億台を、約8,000万台に減らしたということです。
これは、新型コロナウイルスの影響であり、今後の目標台数はさらに変動する可能性があります。

iPhone12シリーズの発売時期が遅れる状況を考え、Appleは現行機種iPhone XR、iPhone11シリーズ、4月に発売開始したiPhone SE(第2世代)を合計4,500万台以上の追加発注をし、トータルの販売台数を確保するように動いているとのことです。

5G対応状況と最終デザイン未決定により発売時期は変動

iPhone12シリーズは、全モデル5Gに対応するだけではなく、ハイエンドモデルはミリ波に対応し高速な5G通信を実現するという予想です。

しかし、ミリ波に対応したiPhone12の発売時期は、Sub6対応スタンダードモデルよりあとになるという情報があります。

また、量産に向けてのテストが続けられている状況に加え、iPhone12の最終デザインがまだ決定していないことも遅れの原因になるとNikkei Asian Reviewは報じています。

例年であれば、新型iPhone、iPhone12の発表・予約・発売は9月ですが、新型コロナウイルスの影響は大きく発売が10月に遅れる可能性は捨てきれません。

[Source:Nikkei Asian Review 画像:EverythingApplePro]
(nishiyama082)

Return Top