iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

5G対応「iPhone12」5.4インチminiから6.7インチPro Maxまでのスペック・デザイン・価格を総まとめ

iPhone12_20201014_8.jpg

Appleが日本時間10月14日午前2時に「iPhone12」シリーズを発表しました。注目の5.4インチ「iPhone12 mini」から、ハイエンド「iPhone12 Pro Max」までの4機種。4モデルとも非常に魅力的なモデルに仕上がっています。

価格もiPhone12 miniが74,800円(税抜)からと、iPhone11と比べて5G対応&スペックアップしながら価格をおさえての登場です!

また、iPhone初の5G対応。日本国内モデルはミリ波には対応しませんが、スマートデータモードで状況に応じて、LTEと5G(Sub6)をきりかえ、バッテリーの消費を抑えるシステムを取り入れています。

iPhone12シリーズの価格と発売日

iPhone12_20201014_9.jpg

ストレージ容量別の価格(税別)は上記の表の通りです。

<iPhone12 mini>
64GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円

<iPhone12>
64GB:85,800円
128GB:90,800円
256GB:101,800円

<iPhone12 Pro>
128GB:106,800円
256GB:117,800円
512GB:139,800円

<iPhone12 Pro Max>
128GB:117,800円
256GB:128,800円
512GB:150,800円

iPhone12 miniの74,800円(税込82,280円)は魅力的ですね。現行機の中で一番コンパクトであり性能は高く、5Gに対応していますからね。

iPhone12_20201014_10.jpg

iPhone12シリーズの日本での予約開始日は10月16日(金)午後9時から。発売は10月23日(金)です。
ただし、このスケジュールは6.1インチのiPhone12とiPhone12 Proのもの。

残念ながら5.4インチのiPhone12 miniと最高峰6.7インチiPhone12 Pro Maxは11月です。
予約開始日は11月6日(金)午後9時から。発売は11月13日(金)なので、コンパクトハイスペックiPhoneを持ち望んでいた方はのう少し待ちましょう!

予約はオンラインでサクッとするのが一番です。Apple Storeアプリで予約する方がいいですよ。10月16日までにダウンロードしておきましょう!

▷Apple公式サイト

iPhone12シリーズのスペック

5.4インチと6.1インチのスタンダードiPhone12のスペック表です。
iPhone12_20201014_11.jpg

2020年のスタンダードモデルというべきiPhone12 miniとiPhone12。
際立つのがiPhone12 miniの小ささ。コンパクトなiPhoneを求めていた人にとっては、iPhone12 miniはまさにハマるiPhone。
6.1インチのiPhoneはiPhone11の後継モデルとして、抜群の安定感です。

6.1インチと6.7インチのiPhone12 Proシリーズのスペック表です。
iPhone12_20201014_12.jpg

iPhone12 Proシリーズは、カメラにLiDARを装備し、より写真、動画のクオリティを追求しています。

iPhone12 Pro Maxは、iPhone史上最大となる6.7インチのディスプレイを搭載しているモンスターマシンとなりました。

iPhone12シリーズのカラーとストレージ容量

iPhone12_20201014_2.jpg

カラーは事前の情報の通り、ブラック・ホワイト・レッド[(PRODUCT)RED]・ブルー・グリーンの5色です。iPhone11より1色少なくなりました。パープルとイエローの代わりにブルーが追加

ストレージ容量は64GBと128GB、256GBも用意されました。

iPhoneProシリーズのカラーとストレージ容量

iPhone12_20201014_3.jpg

iPhone12 Proシリーズのカラーは、ゴールド・シルバー・グラファイトパシフィックブルーの4色。いずれも上品な色合いです。

ストレージ容量は128GBと256GB、512GBの展開。ハイエンドモデルは定番の構成です。

iPhone12シリーズのデザイン

iPhone12_20201014_13.jpg

iPhone12シリーズのデザインは、噂通りスクエアでフラットなデザインを採用。iPhone4やiPhone5シリーズを彷彿とさせるデザインは、どこか懐かしいようでいて、非常に洗練されています。

4モデルとも同デザイン。iPad Proとの調和も取れています。

ノッチは健在ですが、画面の大型化で情報量が増しています。

これまで以上に耐久性の高いCeramic Shieldのディスプレイとアルミニウムのボディは美しいですね。

iPhone12_20201014_14.jpg

iPhone12 ProシリーズのカメラユニットのデザインもiPhone11 Proを踏襲していますが、LiDARを下に配置し調和されたデザインになっています。

iPhone12シリーズのディスプレイ

iPhone12_20201014_15.jpg

iPhone12シリーズののディスプレイはさらに進化しました。

・Super Retina XDRディスプレイ
・オールスクリーンOLEDディスプレイ
・HDRディスプレイ
・True Tone
・広色域(P3)
・触覚タッチ
・2,000,000:1コントラスト比(標準)
・最大輝度625ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)
・耐指紋性撥油コーティング

iPhone12シリーズのディスプレイで注目は、新しい素材の「Ceramic Shield」です。

Ceramic Shieldは、ナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んで作った高い強度を誇る素材です。

これを、iPhone12シリーズのディスプレイに搭載しました。それに加えて、カバーとボディのエッジの高さを同じにすることで、耐落下性能がiPhone11シリーズと比べて4倍にアップしています。

iPhone12シリーズのCPU

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone SE(第2世代)に搭載されているA13 BionicをパワフルにしたA14 Bionic + Neural Engineを採用。

A14 Bionicは業界初の5ナノメートルチップと一歩先をいく性能です。
118億個のトランジスタ、16コアのNeural Engine、毎秒11兆の演算処理と他のスマートフォンを一気につきはなす性能を手に入れました。
これにより、Dolby Visionでの4K HDRビデオ撮影が可能になっています。

iPhone12シリーズのカメラ

iPhone12_20201014_16.jpg

iPhone12シリーズのカメラは、iPhone11と同じように1200万画素(広角)のカメラ。広角+超広角のデュアルレンズです。

iPhone12 Proシリーズのカメラは、iPhone11 ProシリーズのようなトリプルレンズにLiDARを搭載しています。1200万画素です。

iPhone12全モデルで、広角カメラと超広角カメラの両方でナイトモードが可能。暗い場所でも見たことがないほど美しい写真を撮れます。iPhone12シリーズの広角カメラは、光を今までのiPhoneよりも27パーセント多く取り込むことができるので、明るい場所でも、暗い場所でも精細であざやかな写真を撮影可能になりました。

iPhone12 Proは4倍の光学ズーム、iPhone12 Pro Maxは5倍の光学ズームに対応しています。

また、LiDARを搭載したことで、暗い場所でのオートフォーカスが最大で6倍も速くきまります

そして、注目すべきポイントはDolby Visionでの撮影が、iPhone12の4モデルで可能という点。
映画スタジオで使われている規格のDolby Visionでビデオ撮影ができるとはすごい。とくにiPhone12 Proは、ビデオ撮影性能が8ビットから10ビットのHDRに進化しているので、iPhone12 Proで映画を撮影、編集ということも可能です!

iPhone12 miniの大きさに驚く

iPhone12シリーズは、ディスプレイが大きくなったため、iPhone11に比べてやや大きくなりました。

iPhone11と6.1インチiPhone12。
iPhone12_20201014_18.jpg

iPhone11 Pro Maxと6.7インチのiPhone12 Pro Max。
iPhone12_20201014_17.jpg

そして、iPhone8やiPhone SE(第2世代)と5.4インチiPhone12 mini。
iPhone12_20201014_19.jpg

コンパクトさが際立ちます。

ボディサイズが小さくなりつつ、表示領域は大きくなっています。これはインパクトありますね。小さなiPhoneを求めていた初代iPhone SEの後継機として、このiPhone12 miniが最有力候補ですね。

iPhone12シリーズ防水性能

iPhone12シリーズの耐水性能は、IEC規格60529にもとづくIP68等級。最大で水深6mの中で最大30分間耐えられます

iPhone11はIP67等級。iPhone12シリーズの防水性能はアップしています。

iPhone12シリーズのバッテリー性能

iPhone12シリーズのビデオ再生(ストリーミング)時間です。

・iPhone12 mini:最大11時間
・iPhone12:最大12時間
・iPhone12 Pro:最大11時間
・iPhone12 Pro Max:最大12時間

iPhone11は最大10時間なので、懸念されていたiPhone12 miniのバッテリー性能もiPhone11よりはアップしているといってよいでしょう。

iPhone12は5Gに対応し性能が強化された進化系iPhone

iPhone12_20201014_1.jpg

iPhone12はフルフラットなデザインでこれまでのFace IDを採用したiPhoneのデザインを大きく変えたモデルです。

5Gに対応し、今後のネットワークの整備状況にも対応できるiPhoneになりました。

また新しくMagSafeが搭載されたので、iPhone12用の便利なアクセサリーも今後登場するでしょう。アクセサリーが充実することも楽しめるiPhone12シリーズです。

スペック的にも妥協はなく、今までのiPhoneの中で最強であることは間違いなさそうです。それでいて、価格はiPhone11シリーズと大きく違わないところも評価をしたいところです。

コンパクトなiPhone12が欲しい人はiPhone12 miniを。6.1インチという大きめのディスプレイで快適に使いたい人は6.1インチのiPhone12かiPhone12 Proをチョイス。最高峰のiPhoneが欲しい人はiPhone12 Pro Maxを手にしてください!

AppleのiPhone12のCMがアップされていますよ。

こちらはiPhone12 ProのAppleのCMです。

クオリティ高いですね。

さて、第1弾となる6.1インチiPhone12とiPhone12 Proの予約受付、予約開始は10月16日(金)の午後9時からです。発売日に手に入れるためには早めの予約は必須ですよ。

iPhone12 miniとiPhone12 Pro Maxは、11月6日(金)が予約開始、11月13日(金)が発売日です!

▷Apple公式サイト

ドコモ ソフトバンク auのオンラインショップも間もなく予約のアナウンスがあるかも知れません。
↓チェックしてくださいね!
▶︎au Online Shop

▶︎ソフトバンクオンラインショップ

▶︎ドコモオンラインショップ

iPhone12シリーズを予約した皆さん!予約後の入荷報告は予約ゲットコム掲示板で情報共有をぜひお願いします!

[Source & 画像:Appleイベント]
(nishiyama082)

Return Top