iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期「iPhone8」の5.8インチモデル、タッチスクリーンのアクティブ領域は5.2インチに?

iphoneconceptimage-e1463008064648.jpg

Appleが2017年に発売を予定している「iPhone8」は、5.8インチの有機ELディスプレイを搭載したプレミアムモデルが用意されるといわれていますが、このタッチスクリーンのアクティブ領域(タッチ操作ができる領域)は5.1〜5.2インチになるようです。

アクティブ領域を設定することで全面ディスプレイでも持ちやすくなる

9To5MacやMacRumorsによると、Apple関連の情報に精通しているKGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、2017年にリリースが予定される次期「iPhone」シリーズには5.7〜5.8インチのフレキシブル有機ELディスプレイを搭載したプレミアムモデルが用意されるが、デザイン上の目的からタッチスクリーンのタッチ操作が可能な範囲(アクティブ領域)が5.1〜5.2インチになるのではないか、と報告している事が明らかになりました。

以前、現行モデルと同等の本体サイズのままでホームボタンを廃止してベゼルフリーにすることで、ディスプレイサイズを5.5インチから5.8インチに拡大するという情報がありましたが、今回の報告はからも「iPhone8」は全面ディスプレイが採用され、全く新しいデザインのになることがうかがえます。

ホームボタンを有機ELディスプレイに埋め込むことでベゼルフリーを実現し、全面がディスプレイとなるデザインは近未来的でかっこよさそうですが、ネット上では「全面ディスプレイにすると持ちにくいのでは?」と言われていました。

使いやすさをとことん追求するAppleですから、今回の報告が事実だとすれば、さすがそのあたりはよく設計していますね。

なお、この5.8インチのプレミアムモデルのほかにも、これまで通り通常の液晶ディスプレイを搭載した4.7インチ、および5.5インチのモデルも用意されるといわれています。

「iPhone8」は他にも、デュアルレンズカメラが広角と望遠の両方が光学手ブレ補正機能を搭載することや、ワイヤレス充電に対応するためにボディがガラス製になることなどが噂されています。

続々と次期iPhoneの情報が出てきて、初代iPhone誕生から記念すべき10周年がいまから待ち遠しいですね。

[Source: 9To5Mac,MacRumors ]

(yorimorishima)

Return Top