iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

「iPhone8」、供給量の問題で有機ELディスプレイは1モデル限定に!?

iPhone-8-Concept-Image-13.jpg

2017年に発売予定の「iPhone8」には有機ELディスプレイが搭載されると噂されていますが、供給面の問題で全モデルに搭載するのは難しいかもしれません。

Bloombergによると、Appleは次期iPhoneすべてのモデルに有機ELディスプレイ(OLED)の搭載を希望していますが、サプライヤーが十分な数量を生産できないため、有機ELディスプレイの搭載は1モデルに限定される可能性があるようです。

有機ELディスプレイの供給不足が2018年まで続く!?

現在有機ELディスプレイ(OLED)の製造を行っているのはSamsung Display、LG Display、シャープ、ジャパン・ディスプレイの4社ですが、2017年に確実に供給可能なのはSamsungのみで、そのSamsungですら現時点では製造の歩留まりが低いため、需要の高い「iPhone8」への供給は追いつかないのではないか、と指摘されています。

また、有機ELディスプレイの供給不足は2017年だけでなく2018年まで続くと関係者が述べています。上記で記載した有機ELディスプレイ製造企業のうち、シャープとジャパン・ディスプレイは現在テスト段階にあり、有機ELディスプレイの量産は2018年になるようです。

iPhone8はプレミアムモデルのみ限定で有機ELディスプレイを搭載か

この有機ELディスプレイの供給不足により、Appleは記念すべきiPhone誕生10周年となる2017年にプレミアムモデルを用意し、その1モデルにのみ有機ELディスプレイを搭載すると考えているようです。

つまり、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が以前から予測しているようにプレミアムモデル以外の2モデルには従来と同様の液晶ディスプレイ(LCD)が搭載されることになりそうです。

そのためAppleは、iPhone発売10周年となる来年、1モデルだけでもOLED搭載機を出そうと考えているようです。従ってKGI証券のミンチー・クオ氏が予測しているように、その他の2モデルについては従来通りのLCDを搭載することになりそうです。

AppleがSamsungと有機ELディスプレイ供給で契約

AppleとSamsungは2017年の有機ELディスプレイ供給について、独占契約を結んでいると言われていますが、たとえそれが事実であっても「iPhone8」に向けて十分な量を供給することは難しいでしょう。というのも、Samsungも自社のスマートフォンに有機ELディスプレイを搭載しているからです。

AppleとSamsungの両社に詳しい人物によると、AppleはSamsungに年間1億枚以上の有機ELディスプレイを発注しているようですが、Samsungが2017年の年末商戦に向けて供給できる数量はそのうちの一部にすぎないだろうといわれています。

ちなみに、その際にAppleがSamsungに発注した有機ELディスプレイは5インチより大きなものであったとのことです。

Ming-Chi Kuo氏は先日、2017年リリース予定の次期iPhoneに関して、従来の液晶ディスプレイを搭載した「iPhone7s」シリーズと有機ELディスプレイを搭載した「iPhone8」を併売するのではないかと発表しました。

最近のリーク情報を踏まえると、やはり「iPhone8」、ないし「プレミアムモデル」は5インチ以上の大きさの有機ELディスプレイを搭載するようですね。

個人的にはあまり大きいiPhoneは持ち運びたくないので、折りたたみディスプレイや、サイズそのままで全画面に拡大したディスプレイを搭載するなど、使いやすさにも考慮してほしいところです。

[Source: Bloomberg ]
(yorimorishima)

Return Top