iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone8ではワイヤレス充電のためにガラス製ボディを採用!?

iPhone-8-Concept-Image-07.jpg

2017年にリリースが予定されているiPhone8は、高速なワイヤレス充電を実現するために全面ガラス製のボディを採用すると、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏が伝えています。

金属製ボディでは充電測度が制限されてしまう

ガラス製ボディを採用する理由について、金属製のボディでもワイヤレス充電を行うことは技術的に可能ではあるが、無線周波数許容度の関係で充電測度に制限が生じてしまうためだと、Ming-Chi Kuo氏は述べています。

また、Appleの最高デザイン責任者として知られるジョナサン・アイブ氏が以前から1枚のガラスのようなiPhoneをつくりたいと考えていたことも関係しているかもしれませんね。

Ming-Chi Kuo氏はワイヤレス充電がすべての新型iPhoneシリーズに搭載されるかは定かではないが、2018年にかけてワイヤレス充電を搭載した端末の割合が増加してくと予測しています。

なお、同氏はFoxconnはiPhoneの開発や生産にすべてのリソースを投入することから、ワイヤレス充電に関しては、Pegatronが独占供給することになるだろうと述べています。

ワイヤレス充電はプレミアムモデル限定か

Ming-Chi Kuo氏は以前から、従来の液晶ディスプレイを搭載した4.7インチと5.5インチの2モデルに加え、有機ELディスプレイとデュアルレンズカメラを搭載したプレミアムモデルが特別なデザインで登場すると考えていますが、すべてのiPhone8シリーズがワイヤレス充電を搭載しないとなると、ワイヤレス充電はプレミアムモデル限定となる可能性が高そうです。

「iPhone8」のワイヤレス充電対応の噂は過去に何度もありましたが、ワイヤレス充電対応のためにガラス製ボディを採用すると報じられたのは今回が初めてです。

また、Appleは2016年1月頃に、デバイスと充電器をくっつけなくても充電できるワイレス充電技術を研究していると報じられていました。

充電パッドがどこにあろうとも、その充電可能空間内にいればある程度の距離があっても安全に充電できるという最新のワイレス充電技術は、現在の主流となっている充電パッドの上に置くタイプのワイレス充電とは一線を画する革新的技術であることに間違いないです。

しかし、物理的な距離によって充電測度が下がってしまうなど、まだまだ技術的な壁が高いようで、それらを解決するためには時間が必要と伝えられていました。

今回のガラス製ボディの採用がワイレス充電技術の進展にどうつながるのか、楽しみでなりません。

初代iPhone誕生から10周年となる「iPhone8」はAppleにとって記念すべきモデルです。そのため、このほかにも、ホームボタンの廃止、ディスプレイ内指紋認証、デュアルカメラの光学手ブレ補正機能、曲面ディスプレイなどが噂されています。

すべてを実現するのは難しいかもしれませんが、私たちをワクワクさせてくれる新たなiPhoneの登場がいまから待ち遠しいですね。

Source:[MacRumors]
(yorimorishima)

Return Top