iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

「iPhone8」は新しいセンサー技術搭載の曲面有機ELディスプレイに!?

galaxy-s7_design_strong_grip_phone_visual03.jpg

2017年の新型iPhoneには曲面有機ELディスプレイ(OLED)が搭載され、Samsungが製造を担当すると韓国メディアThe Korea Heraldが報じています。

次期iPhoneには新しいセンサー技術搭載の曲面有機ELディスプレイを採用か

初代iPhoneの発売から10周年となる記念すべき2017年にリリース予定の次期iPhoneは、プレミアムモデルとなる「iPhone8」と現行モデルの性能向上版である「iPhone7s」、「iPhone7s Plus」となると噂されています。

3モデルのうち、プレミアムモデルの「iPhone8」にはプラスチック製の曲面有機ELディスプレイが搭載され、Samsungが製造を担当するようです。

プラスチック製の素材を用いることで曲面の有機ELディスプレイが可能となります。

曲面有機ELディスプレイといえば、SamsungのGalaxy S7 edgeが有名ですが、Appleは「新しいセンサー技術」を導入してこれと差別化をはかる様子です。

なお、この「新しいセンサー技術」はAppleが特許を申請中の「端末の両サイドから操作できる、折り曲げ可能なiPhone」ではないと、韓国メディアThe Korea Heraldは報じています。

曲面有機ELディスプレイの製造はSamsungが担当

「iPhone8」向けの有機ELディスプレイは、有機ELディスプレイ生産能力で現在世界トップ水準にあるSamsungが担当するとのことですが、Samsungの有機ELディスプレイ製造能力は凄まじく、年間7000万〜1億台ぶんの曲面有機ELディスプレイを製造できるようです。

これはAppleの1年間に販売する約2億台のiPhoneのおよそ半数にあたります。なお、「iPhone7s」「iPhone7s Plus」はLG Displayとジャパンディスプレイ製の液晶ディスプレイを搭載することになります。

2016年に発売された現行モデルの「iPhone7」と「iPhone7 Plus」は専門家が「これまでで最上級」と絶賛したほどのクオリティでしたが、次期iPhoneは有機ELディスプレイ、液晶ディスプレイともにそれを上回る品質が期待されます。

先日はLG DisplayがApple、Google、Microsoftと提携し、折り曲げ可能なフレキシブル有機ELディスプレイを開発していると報じられましたが、LG Displayの生産能力を考慮すると、2017年の供給には追いつかず2018年以降の納入となりそうです。

それゆえ、2017年はSamsungが独占的にiPhone用の有機ELディスプレイを提供することになります。

有機ELディスプレイの生産においては各メーカーより一歩先をいくSamsungですが、そのSamsungも自社のスマートフォンには力を注いでおり、2018年には折り曲げ可能なスマートフォンを発売するといわれています。

これまで「iPhone8」はワイヤレス充電対応、3Dエフェクトが撮影可能になるデュアルレンズカメラなど革新的な機能を搭載する噂が報じられています。

現在10種類以上のプロトタイプをテスト中とのことですが、一体どんなiPhoneが登場するのか、とても楽しみですね。

Source:[ Korea Herald, MacRumors ]
(yorimorishima)

Return Top