iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期iPhone向けの有機ELディスプレイはSamsung Displayが独占供給か

galaxy-s7_design_strong_grip_phone_visual03.jpg

2017年にリリース予定の次期「iPhone8」には5.8インチのアクティブマトリックス式有機ELディスプレイ(AMOLED)が搭載され、Samsungが製造を独占受注すると報じられました。

2017年の次期iPhoneは3サイズ体制、5.8インチモデルにAMOLED搭載?

台湾メディアのDigiTimesは、台湾のサプライヤーから得た情報として、2017年の新型iPhoneは4.7インチ、5.5インチ、5.8インチの3モデル体制となり、現行の「iPhone7」「iPhone7 Plus」と同様サイズの4.7インチ、5.5インチにはTFT-LCD(液晶ディスプレイ)を搭載し、5.8インチモデルにはアクティブマトリックス式有機ELディスプレイが搭載されると報じています。

今回の情報は、Apple製品の関連情報ではお馴染みの有名アナリストであるKGI証券のMing-Chi Kuo氏が以前11月に発表した予測と一致しています。

その際も、現行モデルである「iPhone7」、「iPhone7 Plus」の性能を向上させた「iPhone7s」、「iPhone7s Plus」と初代iPhoneリリース10周年を記念した5.8インチのプレミアムモデル「iPhone8」の3モデルが発売され、プレミアムモデルとなる「iPhone8」にのみ有機ELディスプレイが搭載されると報じられていました。

Samsungがアクティブマトリックス式有機ELディスプレイを独占供給

DigiTimesの報道によると、次期iPhoneに搭載されるアクティブマトリックス式有機ELディスプレイはSamsungが独占的に受注するようです。

次期iPhoneのアクティブマトリックス式有機ELディスプレイに組み込まれるタッチセンサーは日本写真印刷(Nissha Printing)が製造して、Samsung、台湾のTPK Holding、General Interface Solutionがディスプレイとタッチセンサーの組み立てを担当するといわれています。

日本写真印刷はAppleが公開しているサプライヤーリストにも掲載されている主要なサプライヤーで、日本写真印刷のWebサイトには最大10点の圧力を個別に検知可能な「マルチフォースセンサー」など革新的技術の情報が載せられています。

nissha-force.jpg

nissha-multi.jpg

今回の情報は、以前韓国メディアによって報道された、「AppleがiPhone8にSamsung製の曲面有機ELディスプレイを採用し、他社製品と差別化を図るために新しいセンシング技術を導入する」という内容と一致しています。

iPhone8は2017年3月から生産スタートか

Samsungは「iPhone8」向けにアクティブマトリックス式有機ELディスプレイパネルを最大で月間2000万台供給し、「iPhone8」は2017年だけで5000〜6000万台売れると予測されています。

「iPhone8」は2017年3月から生産を開始し、5月から6月にかけて生産量を増やす予定であると報じられています。

Source:[ DigiTimes ]
(yorimorishima)

Return Top