iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone8は有機ELディスプレイ搭載確実?サプライヤーが対応基板を開発中

s_i8c06-min.jpg

2017年に発売が予定されている次期iPhoneシリーズに搭載が噂されている有機EL(OLED)ディスプレイですが、最近では、サプライヤーの供給量が間に合わないことなどを理由に搭載が見送られるとの情報も報じられてきました。

しかし、今回の報道で、有機ELディスプレイの搭載を裏付けるかのようにiPhoneのサプライヤーが有機ELディスプレイ関連部品を開発中であることがわかりました。

サプライヤーがiPhone用有機ELディスプレイを開発中か

サプライチェーンの情報に精通しているニュースサイトDigiTimesによると、Appleにフレキシブル基盤を供給するサプライヤーFlexium(台郡科技)が、有機ELディスプレイに対応した基板を開発中であることが判明しました。

これは新たに登場する有機ELディスプレイを搭載したiPhoneへ供給するものと考えられています。

2017年秋頃に発売が予定されている新型iPhoneはまだ謎が多く、名前が「iPhone7s」となるのか「iPhone8」となるのか判明していません。

また、従来の4.7インチと5.5インチの他にプレミアムモデルとして5.8インチが登場するという噂もありますが、先日伝えられた情報によればデュアルカメラを搭載した5インチが投入されるとのことでした。

いまだ次期iPhoneについての情報は錯綜していますが、今回の報道によって有機ELディスプレイが搭載されるという噂はかなり信憑性の高いものとなりました。

サプライヤーにとって次期iPhoneが成功の鍵に?

Flexium(台郡科技)とはZhen Ding(臻鼎科技)とともにiPhoneやMacBook、iPadなどAppleの主要デバイス向けのフレキシブル基板供給を請け負っており、Appleから幾度となくコストカット要求を受けていながらも、利益をあげている数少ないサプライヤーです。

しかし、両社とも利益をAppleに大きく依存している状況で、ホリデーシーズンを終えたiPhone7の需要低下によって、2017年前半には業績が大幅に悪化すると予測されます。

そのため、Flexium(台郡科技)にとっては有機ELディスプレイを搭載した次期iPhoneが業績を回復するための希望となりそうです。

今後も新型iPhoneへの有機ELディスプレイの搭載によってFlexium(台郡科技)だけでなく多くのサプライヤーの業績を左右すると予想され、サプライヤー間でも競争が白熱しそうです。

また、基板だけでなく有機ELディスプレイそのものの供給は間に合うのでしょうか。2017年秋頃には、無事に進化した新型iPhoneを手にすることができるようにと、願うばかりです。

Source : [ DigiTimes,AppleInsider ]

(yorimorishima)

Return Top