iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone8には「タップして起動」機能や急速充電機能が追加される?

IMG_9422.jpg

2017年に発表される次期「iPhone8」や「iPhone7s」「iPhone7s Plus」は高速充電に対応し、さらにAndroidスマートフォンにすでに搭載されている「Tap to Wake」機能にも対応しているとの噂が浮上しています。

これはApple製品関連のリーク情報で有名なSonny Dickson氏から提供された情報としてアメリカのメディアForbesが報じました。

急速充電に対応

Dickson氏は、ここ最近の噂通り次期iPhoneは3モデル体制となると述べた上で、さらに新しい情報として3モデルすべてに充電ポートを管理する新しいチップとなる「Tristar 3, Hydra」を搭載し、急速充電に対応すると語りました。

高速充電対応と聞くと「Quick Charge」を思い浮かべる人も多いかもしれません。

しかし、「Tristar 3, Hydra」ポートはQualcomm製ではないため、Qualcomm社製のQuick Charge規格など、既存の急速充電規格と互換性を持つ可能性は低いと見られています。

Dickson氏によると、すでに「MacBook」シリーズで採用が進んでいるUSB3.1を利用したものになるかも知れないとのことです。

ワイヤレス充電機能に関していえば、ワイヤレス充電技術を提供するEnergousで2017年内に同技術を搭載した製品を出荷する計画があり、これが新型iPhoneなのではないかという噂もあります。

Energous社の開発した「WattUp」というワイヤレス技術は、数メートル離れた場所にいてもスマートフォンに給電可能です。

これによって従来のようなケーブルに接続して充電するという充電スタイルが大きく変化し、室内に充電器を設置すればそこにいるだけでiPhoneが充電されることになります。

この技術が実現すれば、もはや「充電」ということを常に考えなくてよくなりユーザーの利便性が飛躍的に向上するでしょう。

「タップして起動」機能を搭載

Dickson氏は、次期iPhoneシリーズでは「Tap to Wake」つまり「タップして起動」機能が追加されるが、搭載されるのはデザインの大幅アップデートを予定している最上位モデル「iPhone8」のみで、現行モデルのデザインを継承する「iPhone7s」「iPhone7s Plus」には搭載されないと述べました。

とはいえ、Dickson氏が情報を手に入れた段階では「iPhone8」のみとされていたようですが、まだ発売まで時間があるため、「iPhone7s」「iPhone7s Plus」などにも搭載される可能性も大いにあります。

「タップして起動」機能はスクリーンをタップすると通知内容がプレビューできる機能で、すでにAndroidスマートフォンには搭載されています。

「iOS10」からはiPhoneを持ち上げることで画面が点灯する「Raise to Wake(持ち上げて起動)」機能が提供されましたが、「Tap to Wake」であれば持ち上げる必要なく画面に触れるだけで画面を点灯させることができるので利便性が向上しますね。

次期iPhoneは以前からホームボタンの廃止やディスプレイ内にセンサーが搭載されると噂されているので、「タップして起動」機能の搭載は実現する可能性が高そうです。

Source:Forbes
(yori)

Return Top