iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期「iPhone8」はAR機能を搭載か?数年後にはARメガネの製品化も

iPhoneX-Siri-3.jpg

次期「iPhone8」にはAR(拡張現実)機能が搭載されるとこれまでも噂されてきましたが、今回はそんな噂を裏付けるかのような情報が報じられました。

Bloombergによれば、Appleは現在大規模な専門家集団を編成してARの研究開発に取り組んでおり、AR技術が間もなくiPhoneにも導入されるとのこと。

進行中のAR関係の研究開発は、iPhone用のほかにも以前報じられた「Google Glass」のような眼鏡型ウェアラブル・デバイスの開発も進められているようです。

ただし今回の報道によれば、先に製品化されるのはiPhoneシリーズに搭載されるAR技術であるようですね。

Dolby、Oculus、HoloLensから引き抜かれた専門家たち

BloombergはAppleの事情に詳しい匿名情報関係者から得た情報として、AppleはAR関連の研究開発のためにハードウェアとソフトウェアの両方を研究する専門家のチームを編成していると伝えています。

これは先日報じられた、Appleが1,000名規模の技術者をAR研究に取り組ませているという情報と一致しています。

AR研究開発チームは、音響技術のDolby Laboratoriesの元役員マイク・ロックウェル氏が率いています。映画館用のオーディオプラットフォーム「Dolby Atmos」などは聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

そのチーム内ではVR(仮想現実)ヘッドセットのOculusやHoloLensの技術者、ほかにもハリウッドのデジタル効果の専門家など外部から引き抜いた技術者たちがiPhoneのカメラ開発メンバーらと共同で研究開発に取り組んでいるようです。

また、Appleは近年MetaioやFlyBy MediaといったAR関連技術を専門としている企業のほか、VR、3Dゲーム関連の企業などを複数買収していることからもAR、VRに対するAppleの関心の高さがうかがえます。

iPhoneのカメラ開発チームもAR研究に取り組んでいる?

Bloombergに情報を提供した関係者は、iPhoneのカメラ開発チームを含む数百名規模の技術者がiPhone向けのAR関連技術の開発に携わっていると述べています。

現在は、写真撮影後に写真全体、あるいは特定の被写体の被写界深度を変更する機能のほか、人物の頭のような特定の被写体を画像から切り出して180度回転させる機能などの研究が進められているとのことです。

一眼レフのような味のある写真撮影ができるだけでなく、ゲーム要素を取り入れているあたりがAppleらしいですね。

なお、iPhoneのカメラで被写界深度を認識する技術に関しては、2013年にAppleが買収したイスラエルの企業PrimeSenseが開発したアルゴリズムが活用されています。

AR眼鏡の製品化には課題が山積みか

iPhone向けのAR技術開発に比べ、AR眼鏡の開発はいまだ課題が多く、製品化はしばらく先になるだろうとBloombergは伝えています。

AR眼鏡といったウェアラブル・デバイスに3D映像を送るような負荷のかかる処理を行うと、iPhoneはバッテリーを消費してしまい、駆動時間が極端に短くなってしまうことも。

また、AR眼鏡には専用のOS、あるいは専用チップのための投資が必要となりコストがかさむ一方で、マスマーケット向けに低価格で販売する必要があり、さらに、魅力的なアプリやコンテンツが揃わないと売れないというリスクも伴います。

あれほど期待されていた「Apple Watch」が予想より売れていないことや、「Google Glass」が消費者向け製品としては失敗に終わったことを考慮するとウェアラブル・デバイスの成功は難しいことがわかります。

これまでに発表されたAR眼鏡は、小型で能力不足か、大型で高性能かのどちらかとなっていますが、次世代のAR眼鏡を開発する上でAppleはそれらの問題を乗り越え、高性能と小型軽量の両立を実現することができるのでしょうか。

なお、Apple関連情報に詳しい著名アナリストのジーン・ミュンスター氏は、「ARで成功するための条件はハードウェアだけでなく地図やソーシャル、支払いなどのソフトウェアも重要である」と述べており、「その両方ができるのはAppleしかない」ともコメントしています。

AR搭載iPhoneはテクノロジー界にパラダイムシフトをもたらす?

さらにジーン・ミュンスター氏は、もしiPhone8にAR(拡張現実)技術が搭載されれば、短期的な売り上げ増だけでなく、テクノロジー界全体に及ぶパラダイムシフトもたらすことになる、と語っています。

ジーン・ミュンスター氏はPiper Jaffrayの有名アナリストとして知られ、現在はLoop Venturesでベンチャーキャピタリストとなった人物で、2016年末にPiper Jaffrayを退社する前にも、ARの持つ可能性の大きさについてのレポートを発表しています。

AR(拡張現実)は、VR(仮想現実)と比べて派手さに欠けるといわれており、現在もどちらかと言えばVR市場の方が盛り上がっている印象を受けます。

しかし、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は一人の仮想世界に引きこもるVRと違い、現実社会から遮断される必要のないARは実用性や応用範囲の広さでも優れているといった旨のコメントをしています。

また、ティム・クック氏は、AppleがAR分野に投資していることを明かしています。

このことも、次期「iPhone8」にAR関連機能が搭載されるのではないかと噂されている一つの要因となっているようです。

いずれにせよ、AppleのARに対する関心の高さから、iPhoneへのAR機能搭載は間もなく実現する見込みがあるといえますし、数年後には眼鏡型のウェアラブルデバイスも登場するかもしれません。

Source:Bloomberg ,CNBC
(yorimorishima)

Return Top