iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期iPhoneのプレミアムモデルには初代iPhoneに似た丸みを帯びたWaterDropDesignのガラス製ボディを採用?

iphone8-10than13.jpg

iPhone10周年記念モデルとして発表が期待されている次期「iPhone8」の背面は初代iPhoneのような丸みを帯びた「水滴」のような形状でとなり、さらにワイヤレス充電に対応するためガラス製になる、と韓国メディアET Newsが伝えました。

初代iPhoneのような丸みを3Dガラスで表現

ET Newsの報じた内容によると次期「iPhone8」の背面は、初代iPhoneを彷彿とさせる「ウォータードロップ(水滴)デザイン」と呼ばれるデザインとなり、現行モデルである「iPhone7」よりも少々丸みを帯びた形状になるとのこと。

素材は従来のアルミ製ではなく、立体成型したガラスを採用する模様です。これはおそらくワイヤレス充電機能に対応するためでしょう。

ディスプレイサイズはこれまでの噂にあったとおり5.8インチとなります。

初代iPhoneよりは格段と大きくなりますが、ベゼルが細くなり縦長にディスプレイが大型化するため、本体サイズは現行4.7インチモデルの「iPhone7」と変わらず、さらに薄型化されるためしっかり片手にフィットしそうですね。

OLEDディスプレイは曲面ではなく平らに

歴代のiPhoneシリーズを見てみると、「初代iPhone」の背面はアルミニウムとプラスチックが用いられており、「iPhone 3G」ではプラスチックだけになました。その後「iPhone4」ではフラットなガラスが用いられ、「iPhone5」以来現行モデルの「iPhone7」までアルミニウムが使用されてきました。

次期「iPhone8」でガラス製となると数年ぶりの外観素材の変更となりますね。

背面はカーブを強調したウォータードロップデザインになる一方で、今回の報道によればフロントは曲面ディスプレイではなく比較的平らな形になるとのこと。

なお、フロントにはiPhoneシリーズ初となる有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されるといわれています。

ETNewsではこのウォータードロップデザインの採用について、iPhone誕生10周年となることから、初期作へのオマージュとして意味合いもあるのではないか、と指摘されていました。

次期iPhoneのプレミアムモデルにはこれまで様々な噂が飛び交っており、今回のウォータードロップデザインも現状ではまだプロトタイプの一種かもしれません。

とはいえ、10周年を記念して初代のiPhoneをプレミアムモデルとして現代風に復刻させるという粋な演出はiPhoneユーザーを盛り上げそうですね。

Source:ET News via MacRumors
(yorimorishima)

Return Top