iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone8信のぴょう性の高いレンダリング画像が公開!2モデル展開など新たな噂も

s_iPhone8_007-min.jpg

テクノロジー系情報メディアのEngadgetが、今年秋以降に発売が見込まれている次期「iPhone8」の詳細な設計図をもとにしてつくられた精密な3Dレンダリング画像を掲載していたのでご紹介します。

なお、この3Dレンダリング画像は信頼できる情報源から入手した図面に基づいた画像である、としています。

信頼できる情報源から入手した「iPhone8」設計図をもとに作成?

今回掲載された次期「iPhone8」の3Dレンダリング画像は信頼できるアクセサリメーカー関係者から提供された詳細なCADデータをもとに作成したもののようです。

Engadgetは情報源のアクセサリメーカー関係者についても、「かなり信頼できる」と述べています。

このCADデータが本物だと仮定すると、すでに次期「iPhone8」のデザインや仕様は決定しているということになりますね。

s_iPhone8_006-min.jpg

本体背面は噂通りガラスに覆われた光沢のあるデザインとなっています。

これはワイヤレス充電を可能にするためであり、CAD画像にはワイヤレス充電用のコイルを配置するための空間も確認しているとのこと。

s_iPhone8_001-min.jpg

縦に並んだデュアルカメラのレンズとその間に挟まれたLEDとフラッシュライトもこれまでのリーク情報通りです。

ちなみに、現行モデルの「iPhone7 Plus」ではデュアルカメラのレンズの間ではなく横にLEDフラッシュライトが配置されています。

縦配列のデュアルカメラはAR(拡張現実)などに応用するためとも言われており期待が高まります。

ただ、カメラレンズ周囲の突起部は気になります。「iPhone6」以降あまり評判がいいとはいえないカメラ周りのデザインですが、次期「iPhone8」では改良してフラットでシンプルなデザインにしてもらいたいですね…。

なお、CADデータの寸法によれば、「iPhone8」の本体サイズは現行4.7インチモデル「iPhone7」と比較して高さ、幅、厚みともに僅かに大きくなっていたことを確認したそうです。

ディスプレイサイズは5インチと5.8インチの2モデルに?

現行のiPhoneは4.7インチの「iPhone7」と5.5インチの「iPhone7 Plus」ですが、次期「iPhone8」ではディスプレイサイズが5インチと5.8インチの2モデル展開となることをEngadgetは伝えています。

これまでの噂では、プレミアムモデルの「iPhone8」に加えて現行モデルのマイナーアップデートバージョンでサイズ感もほぼ同等の「iPhone7s」「iPhone7s Plus」が併売されるといわれてきました。

今回のEngadgetの報道では、次期iPhoneの詳しいラインナップ全体について触れられてはいませんでしたが、これまでの噂と異なり新型は「iPhone8」が5インチと5.8インチの2モデル展開になるのでしょうか。

過去にも次期iPhoneが3モデルではなく2モデル展開となるという予測もありましたが、どちらかと言えば次期iPhoneシリーズは3モデル展開という説のほうが有力でしたし、実際最近の噂ではほぼ決まって3モデル展開と言われていました。

仮に「iPhone8」が2モデル展開であるとすると、「iPhone7s」「iPhone7s Plus」はどうなるのでしょうか。発売されないのか、それともトータル4モデル展開となるのか…。

以前の情報では、5.8インチの次期「iPhone8」はベゼルレス有機ELディスプレイのフルスクリーンを搭載し、操作可能なエリアが5〜5.2インチになると言われていました。

また、ベゼルレスであるため、サイズ感は現行4.7インチモデルより一回り大きい程度にとどまり、片手でも操作しやすいのではないか、と予測されていました。

ディスプレイサイズに惑わされて情報が錯綜している印象を受けますね。

なお、今回のレンダリング画像に描かれている「iPhone8」は5インチの小さい方のモデルで、5インチと5.8インチの両サイズともワイヤレス充電に対応しているとのこと。

ただ、今回のレンダリング画像はディスプレイがオフの状態を描いているため、ディスプレイが占める範囲については明確に分かりません。

先日公開されたリーク画像と異なる部分も

次期「iPhone8」の流出したCADデータをもとに作成されたレンダリング画像は、iPhone関連のリーク情報に定評のある「@OnLeaks」として知られるスティーブ・ヘマーストファー氏も先日公開していました。

s_concept013-min.jpg

今回のレンダリング画像と見比べると、Engadgetが公開した画像の方が本体の厚みがやや薄く、カメラ部分の突起やLEDフラッシュの径が大きいように感じます。

Engadgetのサイトには、ほかにも多くのレンダリング画像が掲載されているので気になる方は確認してみてください。

Source:Engadget, Engadget日本版
(yorimorishima)

Return Top