iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

【iPhone8コンセプト動画】遠距離ワイヤレス充電が利用可能になる!?

s_iPhone8_04-min.jpg

今年秋以降に発売が噂されている次期「iPhone8」の新作動画が公開されていたのでご紹介します。

今回公開されたコンセプト動画の「iPhone8」は3モデル展開で、充電器から離れた距離でも給電可能なワイヤレス充電が特徴的です。

ベゼルレスのフルスクリーン、周囲に同化することも可能?

次期「iPhone8」の新作コンセプト動画を公開したのは、これまでも数多くクオリティの高いコンセプト動画を公開してきたYouTubeチャンネルの「ConceptsiPhone」です。

動画に描かれている次期「iPhone8」には画面縁のベゼルが完全になくなっていて理想的なベゼルレスのフルスクリーンを実現しています。

そのため、ディスプレイに周囲の様子を表示しておけばカメレオンのように周りの景色に溶け込んだように見えてしまいます。

あまり実用的ではありませんが、ベゼルレスならではの斬新なアイデアですね。

s_iPhone8_00-min.jpg

「iPhone8」のボディを手に持った様子です。ホームボタンが廃止され、Touch ID指紋認証センサーはディスプレイに埋め込まれています。

ディスプレイ下部にはファンクションエリアが搭載され、これまでとは違った、新型MacBook ProのTouch Barのような使い方ができるようです。

なお、最近の噂では指紋認証センサーは本体背面に移設されるという情報もあり、まだ最終的なデザインが決まっていないようです。
s_iPhone8_02-min-1.jpg

s_iPhone8_01-min-1.jpg

本体側面にはスライド式のボリュームコントロール機能を搭載しています。先日流出した図面にもボリュームコントロールボタンがなくなっていたので実現の可能性は高そうです。

本体側面を指でなぞるだけで簡単にボリュームを調整できるのはユーザビリティを考えてもナイスなアイデアです。

s_iPhone8_03-min.jpg

離れていても給電可能なワイヤレス充電に対応

以前からAppleは次期「iPhone8」に複数のワイヤレス充電方法を検討していると報じられてきました。

今回動画内で描かれている充電方式は、充電パッドなどに置かなくとも給電が可能で、「iPhone8」を離れた位置で操作しながら充電できるとのこと。

s_iPhone8_09-min.jpg

なお、これに似たワイヤレス充電規格はEnergous社の「WattUp」ですが、Appleも先日Wi-Fiルーターを使った独自のワイヤレス充電技術の特許を申請していることがわかっています。

ディスプレイには、緩やかにカーブした曲面有機EL(OLED)ディスプレイが搭載されています。緩やかなカーブデザインのお陰で手にしっかり馴染みそうですね。

s_iPhone8_07-min.jpg

本体背面のカメラはここ最近のリーク情報に多い縦配列のデュアルレンズカメラではなく、現行モデルである「iPhone7 Plus」と同様のレンズが横に並んだデュアルカメラを採用しています。

s_iPhone8_05-min.jpg

現行の「iPhone7」と同じ4.7インチ、「iPhone7 Plus」と同じ5.5インチのマイナーアップデートモデルといわれている2機種に加え、10周年記念のプレミアムモデルである5インチの「iPhone8」の3モデルのラインナップが描かれています。

s_iPhone8_06-min.jpg

価格は128GBで999ドル、との予測も

次期「iPhone8」は有力アナリストによって、有機EL(OLED)ディスプレイや指紋認証センサーに関連した技術的問題のため量産開始が遅れるという予測が発表されています。

しかしその一方で、例年どおりのスケジュールで発売されるだろうという予測もあり、まだ発売時期については明確になっていません。

なお、先日有名アナリストであるKGI証券のMing-Chi Kuo氏がストレージ容量と価格について、128GBモデルと256GBモデルが用意され、128GBモデルは999ドル(約113,000円)、256GBモデルは1,099ドル(約122,000円)になるという予測を発表し、話題となりました。

実際の「iPhone8」がどうなるかは、おそらく9月に開催されるAppleのイベントでの公式発表によって明らかになると思われますが、有機EL(OLED)ディスプレイは搭載される可能性が高いと思われます。

遠距離ワイヤレス充電機能も実用化されれば、充電というコードを繋いがなければいけない従来の概念から脱却でき、他のスマートフォンメーカー各社と一線を画することができると思うので、ぜひ期待したいですね。

コンセプト動画はこちらからご覧ください。

Source:YouTube
(yorimorishima)

Return Top