iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone8新色画像流出!更にFoxconn幹部SNSで「iPhone8は高価になる」と発言

sinsyoku0001.jpg

最近SNSの投稿で、iPhone8の背面画像として公開された写真に、これまで予想されていた黒、白に加え、コッパーゴールド(赤みがかった金色)とも呼べるような新色が写っており、話題となっています。

さらにアメリカメディア9to5 Macによると、Foxconn幹部がSNSで、iPhone8が搭載する有機EL(OLED)の歩留まりが低いことから「iPhone8は高価になる」という発言をして注目を集めているようです。「iPhone8」の価格が12万円程度になるという情報が相次いでいることもあり、かなり有力な情報なのではないかとみられています。

iPhone8、新色は「コッパーゴールド」か?

Weibo(中国版Twitter)で、iPhone8のものとされる背面画像が公開されました。これが本物なのかどうかは確かではありませんが、注目すべきはその展開色です。

sinsyoku0004.jpg

三色のiPhone8が並んだ写真には、黒と白に加え別の色のケースが写っています。9to5Macは、ゴールドとオレンジの中間のような色に見えることから、「コッパーゴールド」と呼んでいます。

これまでのiPhoneのゴールド系列の人気を考えると、ゴールドの派生色を展開することは十分に可能性があると考えられるでしょう。

iPhone8更に値上げか?Foxconn幹部が名言

米メデイア9to5Macによると、iPhone8の製造を担当するFoxconn幹部が中国のSNS「Weibo」に、OLEDディスプレイの歩留まりが、「特別なデザイン」のため60%程度と非常に低くなっている、と投稿しました。そのためiPhone8の製造コストが膨らみ、安くは売られないだろう、と推測しています(すでに投稿は削除)。

sinsyoku0003.jpg

また、今回「iPhone8」の価格について、Foxconn幹部であるLuo Zhongsheng氏が
“Appleの特殊な形状をした有機ELディスプレイは製造が難しく、歩留り率は60%と低い。生産コストがかさむため、「iPhone8」は安く売ることができないだろう。”
とコメントしています。

iPhone8の値上げの原因とされている特殊な形状とは?

Luo Zhongsheng氏のSNSの投稿の中にある特殊形状とは、HomePodファームウェアでも確認された、中央上部に切り込みの入った、カメラや「Face ID」のセンサーが搭載されるディスプレイの部分を指しているものと思われます。

sinsyoku0002.jpg

iPhoneの有機ELディスプレイを特殊な形状で製造することは難しく、歩留り率は60%と大変低い数値となっています。それにより生産コストがかさむため、「iPhone8」は今までより安価で売ることができないだろうと考えられます。

iPhone8のこれまでの各有力情報のカラー展開予想

・Apple関連情報の正確さで定評のある、Benjamin Genskin氏・・・「4色展開になり、うち1色はミラーモデルになる」
・KGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏・・・「ブティックイメージを守るため、カラー展開は絞られるだろう」
・アメリカ経済誌「Forbes」・・・「ブラック、ジェットブラック、ホワイトの3色展開になるだろう」

有力な予測からわかるように、プレミアムモデル「iPhone8」はイメージ担保のために落ち着いた色合いになる可能性が高いと思われます。

Source:9to5Mac
(yorimorishima)

Return Top