iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

Apple、「iPhone X」の有機ELディスプレイで残像と焼き付きを防ぐ方法を公開!

DSC00965.jpg

Super Retinaディスプレイを搭載している「iPhone X」は、有機EL (OLED) ディスプレイ史上最高の画質を誇り、色の再現度も高いとAppleは自負しています。

しかし、有機ELディスプレイの使用で気がかりとなっていたのは「残像」と「焼き付き」でした。そんな中Appleは、「iPhone X」の有機ELディスプレイに関する特徴や注意点をまとめたサポートドキュメント「iPhone X の Super Retina ディスプレイについて」を公開しています。

「残像」と「焼き付き」は有機ELディスプレイに付きもの?

在庫不足の「iPhone X」をせっかく苦労して手に入れても、「残像」と「焼き付き」が起こってしまっては台無しです。しかし、これらの不具合は有機ELディスプレイの特性といえるようです。

Appleによると、有機ELディスプレイは見る角度を変えると、色味や色合いが若干変化してしまうが、これは有機ELディスプレイの特性で、問題ではないとのことです。また、長期的に使っているうちに、見え方に若干の変化が見られたり、画面に新しい画像が表示された後も前の画像がかすかに残って映る場合があり、極端な例だと、高コントラストの同じ画像が長い時間表示され続けることもあるようです。

Appleは、こうした「残像」と「焼き付き」現象を低減という点でも、業界最高を目指しましたと伝えていますが、目指しただけで、実現はまだしていないことが読み取れます。

「iPhone X」の残像と焼き付きを最低限に抑える方法は?

それでもAppleは、「残像」と「焼き付き」を最低限に抑え、有機ELディスプレイを有効活用するために、以下の点に配慮するよう伝えています。

・iPhone X を最新バージョンの iOS にアップデート新しいアップデートが公開されると、アップデートの案内が表示されます。「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」でアップデートを確認することもできます。

・「明るさの自動調節」を使って、周辺光に合わせてディスプレイの明るさを自動的に調節してください。この設定はデフォルトで有効になっています。設定状況を調べるには、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ調整」の順に選択します。

・iPhone X のディスプレイを使っていないときは、その電源を切るように設定しておきましょう。時間を短く設定しておくことを推奨します。設定を調整するには、「設定」>「画面表示と明るさ」>「自動ロック」の順に選択します。

・静止画像を最大輝度で長時間表示し続けることは避けてください。iPhone X を特に使っていないときでもディスプレイをオンのままにしておく App がある場合は、コントロールセンターを使って明るさを一時的に低くしておけます。

Appleが挙げた方法としては、iOSを最新バージョンにアップデートすることや、明るさの自動調節を使う、ディスプレイを使っていないときは電源を切る、静止画像を最大輝度で長時間表示し続けないといったものが紹介されています。

高価な「iPhone X」を、長い間綺麗に使用できるようにするためにも、これらの方法を使って「残像」と「焼き付き」を防ぎたいものです。

今年も新型iPhoneの予約状況や入荷・在庫状況の報告を予約ゲット.comでお待ちしております!入手日の目安をつけましょう。

[Source:Apple] (yorimorishima)

Return Top