iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhoneXの駆動時間はiPhone8/Plusより2時間短い?

iPhoneX-iPhone8 copy.jpg

先日Appleが、劣化したバッテリーのiPhoneの性能を意図的に落としていていることが判明しメディアを騒がせました。そんな中ニュースサイトCNETは、今年発売された「iPhone8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」のバッテリー駆動時間を計測したところ、なんと「iPhone X」のバッテリー駆動時間が3種類のiPhoneの中で一番短いことが分かりました。

「iPhone X」の駆動時間は2時間短い?

CNETが行った測定方法は、それぞれのiPhoneバッテリーを満タンに充電した状態で、外部のオーディオアクセサリに接続しながら画面は半分の明るさにして、動画を再生するというものです。測定の結果は以下の通りです。

iPhone8:13.5時間
iPhone8 Plus:13.75時間
iPhone X:11.45時間

結果から、「iPhone X」のバッテリー駆動時間は、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」よりも約2時間短いということが分かります。駆動時間だけ考えれば、「iPhone 8 Plus」は一番優秀です。

しかし、「iPhone X」と「iPhone8 Plus」のディスプレイサイズはほぼ同じで、搭載されているバッテリー容量は「iPhone8 Plus」が2,691mAhに対して、「iPhone X」は2,716mAhと上回っています。では「iPhone X」のバッテリー駆動時間が一番短いのはなぜでしょうか。

原因はOLEDとTrueDepthカメラか

CNETによると、「iPhone X」のバッテリー駆動時間が短い理由は、有機EL(OLED)ディスプレイとTrueDepthカメラと予測しています。

「iPhone X」に搭載されたOLEDは従来の液晶ディスプレイ(LCD)に比べて省電力であるとされていました。しかし、OLEDは発光の強弱で色を表現するため、暗い背景の時以外は、電力消費量に変わりはないようです。

また、TrueDepthカメラによる「Face ID」が繰り返し使われると、駆動時間が短くなるようです。

これを受けてAppleは、「iPhone X」のバッテリー駆動時間は最大21時間としており、「iPhone8 Plus」と変わりがないことを公式サイトで示しています。

しかし、「iPhone X」が「iPhone8 Plus」に比べてバッテリー駆動時間が短いというテスト結果が出たのは初めてではありません。以前にもPhoneArenaによるテストで、やはり2時間ほどの違いがあるという結果がでています。

なお、CNETがSamsungの「Galaxy Note 8」でも同様のテストをしましたが、そのときの駆動時間は17時間だったようです。バッテリー駆動時間はiPhoneよりも遥かに優秀です。

現在、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は、「iPhone X」の売れ行きに対して遅れを取り始めています。しかし、バッテリー駆動時間を重視する人は「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の購入を検討してもいいかもしれません。

[Source:CNET] (yorimorishima)

Return Top