iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

2018年新型iPhoneに搭載されるFace IDセンサーモジュールはLG Inotekが独占?

2018-iphone-lginotek.jpg

2018年に発売されると予測されている次期新型iPhoneについて新たなリーク情報が公開されました。

Apple、次期iPhoneに搭載予定の3Dセンサー、カメラモジュールに投資済みか

2018年には、OLEDディスプレイを搭載した5.8インチのモデル「iPhone 9」(仮称)、6.5インチの大型モデル「iPhone X Plus」(仮称)、LCDディスプレイを搭載した6.1インチモデル「iPhoneX 2」(仮称)の3モデルの新型iPhoneが発売されると予測されています。

この3つのモデル全てに、2017年に発売された「iPhoneX」にも搭載されていた顔認証システム「FaceID」が搭載されていると予測されていましたが、今回、韓国メディアのThe Investerが伝えたところによると、次期iPhoneに搭載される「FaceID」に用いられる3DセンサーとカメラモジュールをLG Inotekがサプライヤーとして独占契約し製造中であるとのことです。

The Investerは「Appleは既にLG Inotekに対し8億2,090万ドル(約924億4,500万円)の支払いを済ませている」と伝えており、この資金で3Dセンサーとカメラモジュール製造における追加設備を購入した模様です。

3Dセンサー、カメラモジュールはFaceID機能に用いられるTrueDepthカメラの要となる素材であり、昨年の「iPhoneX」が発売された際には、このTrueDepthカメラの生産に遅れが生じていることが原因となり、予約開始日には5週間以上待たされるといった在庫不足の状況になりました。

2018年の3モデルの新型iPhoneにも、FaceIDが搭載されるという予測が本当であれば、昨年のような同じ轍を踏まないための為の投資なのではないでしょうか。

さらに、3つのモデルの新型iPhoneに加え、Bloomberg NewsのMark Gurman氏はAppleは2018年にFaceIDを搭載したiPad Pro「iPad X」(仮称)を発売すると予測しており、これを合わせると最低でも4種類の端末にFaceIDが搭載されることになります。

昨年は「iPhoneX」のみに搭載されていたFaceIDでしたが、2018年は4つものモデルに搭載されるとなると、3Dセンサー、カメラモジュールといったTrueDepthカメラに関わる部品は、今後のAppleには需要の高いものとなるでしょう。

iPhoneX2、iPhoneX Plus、iPhone9の予約開始日・発売日・価格予測は?

続々とリーク情報が公開される2018年次期iPhoneですが、「iPhoneX2」「iPhoneX Plus」「iPhone9」、さらに「iPad X」を含めた予約開始日・発売日・価格についての予測もこちらのページで行っているので合わせてご覧ください。

[Source:AppleInsider](yorimorishima)

Return Top