iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

“古いバッテリーで性能が劣化する”のはiPhoneだけ?他のApple製品への影響は無し

iphone-battery-down-comment1.jpg

“バッテリーが古くなったiPhoneの性能をAppleが意図的に劣化さている”問題について、Appleが新たな情報を公開しました。

“古いバッテリーで性能が劣化する”問題のこれまでの経緯

Appleは、「iPhone6s」などの一部の端末が、使用年数を重ねるに連れて、予期せぬシャットダウンや不具合が生じることに対策するため、意図的にパフォーマンスを落とすようにしたことを認めました。

これらの対策について、当時公式からのアナウンスは無く、ユーザーに対してその情報は公開されませんでした。

しかし、2017年終わり頃に、海外掲示板サイトのRedditにて「バッテリーが古くなると性能が劣化する」ということが話題となり、GeekBenchによる検証がなされ、訴訟を起こされるほどの騒動へと発展しました。

この騒動について、Appleは謝罪をし、バッテリー交換費用を値下げするという措置を取ることを発表しました。

古いバッテリーで性能が劣化するのはiPhoneだけ

Appleはこの件について、Apple公式サイトで「iPhoneのバッテリーとパフォーマンス」というページを公開しました。

iphone-battery-down-comment2.jpg

Appleこの公開した情報の中で「この電源管理機能は iPhone 固有のもので、他の Apple 製品には適用されません。」とのコメントを発表しているため、他のApple製品は”、バッテリーが古くなった際に性能が劣化する”問題の影響を全く受けないということが明らかになりました。

Appleは今後も”意図的に性能を劣化させていく?”

性能が劣化する製品とiOSとの関係性についても記述されており、iOS 10.2.1 (2017 年 1 月リリース) では、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone SE」 が対象に、iOS 11.2 (2017年12月2日リリース)では 「iPhone 7 」や 「iPhone 7 Plus」が対象になっているとのことです。

さらに、公開した情報の中では「Appleでは今後も引き続き電源管理機能を強化していく予定です。」とのコメントもあり、現段階での最新機種である「iPhone8/Plus」「iPhoneX」についても、バッテリーが古くなり、意図せぬ不具合が生じるようになった際に、意図的に性能を劣化させるといった処置を取る可能性があることが示唆されています。

尚、Appleは、”意図的に性能を劣化させる”ことについての唯一の目的は「突然のシャットダウンを防ぐことにより、現在お使いいただいている iPhone をさらに長くお使いいただけるようにすること」としており、“新たな商品を購入させようとしている”などといった目的でこれらの処置を行っていないことを表明しています。

“意図的に劣化されている”具体的な機能とは?

以前にも、Appleのこの処置で具体的に劣化する機能について、中国メディアのWeiPhoneが検証した情報を紹介しましたが、この件についてもApple公式からの情報が公開されています。

Appleが公開した情報で、実際に影響を受ける機能は以下のようになっています。

実際に影響を受ける機能

・App の起動に時間がかかるようになる。

・スクロール中のフレームレートが低くなる。

・バックライトが暗くなる (コントロールセンターで設定の変更が可能)。

・スピーカーの音量が小さくなる (最大でマイナス 3dB)。

・一部の App でフレームレートが徐々に低下する。
さらに極端な場合は、カメラのフラッシュがカメラの UI に表示されているにもかかわらず使用できなくなる。

・バックグラウンドで更新されるはずの App が起動中に再読み込みされる場合がある。

尚、Appleは影響を受けない機能についても例を挙げており、そちらが以下のようになっています。

影響を受けない機能

・通話品質やネットワークスループット

・撮影した写真やビデオの品質

・GPS のパフォーマンス

・位置情報の精度

・ジャイロスコープ、加速度センサー、気圧計などのセンサー

・Apple Pay

これらの情報を元に、今自身が使用しているiPhoneが実際に影響を受けているかどうかを判断することも可能となりました。

2018年1月7日現在、日本国内でも、AppleCare+に加入していないユーザーでも、3,200円でのバッテリー交換を行っているため、もし自分のiPhoneに影響が見られるのであれば、バッテリー交換をすることおすすめいたします。

[Source:Apple](yorimorishima)

Return Top