iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

ついにiOS14/iPadOS14でメールとブラウザをサードパーティアプリに変更可能!

iOS14_20200624_1.jpg

6月23日に開催されたWWDCで発表されたiOS14の注目機能はホーム画面系が多くをしめていました。インパクトが強いウィジェットの自由配置などの機能強化に隠れた進化として、メールとブラウザをサードパーティアプリにデフォルトアプリを変更できるようになるんです。
これは随分前から要望されていた機能でしたが、今までは頑なにAppleは採用しませんでした。それがiOS14の追加機能として、ひっそりと紹介されています。
Apple純正のメールとSafari(サファリ)を使っていなかった人にとっては、これまでの煩雑さが解消され、手間なくアプリにアクセスできるようになりますよ。

メーラーとブラウザをサードパーティ製アプリにデフォルトを変更できる

メールとブラウザをサードパーティアプリに変更可能ということは、WWDC 2020のイベント中には一切触れられませんでしたが、AppleのWWDC 2020のiOS14の紹介ページの最後にテキストで紹介されています。

本当にしらっと書かれているだけなので、気がつかなかった人も多いでしょう。iPhoneが誕生して10年が過ぎました。その間多くのiPhoneユーザーが、Appleにメーラーとブラウザのデフォルトアプリをサードパーティ製のアプリに変更可能にして欲しいと望んできました。
iOS13までは実現しなかったこの機能が、iOS14でついに実現します。

今まで実装しなかったと考えられるのが個人情報の収集方法です。Appleが非常に気にかけている個人情報の扱い。Safariは個人を特定しない形式で情報収集を行っています。デフォルトアプリをSafari以外のサードパーティ製アプリに変更できないようにしていたのは、この情報収集の面からと考えられます。

しかし、デフォルトアプリを変更する機能は、Androidではすでに実装されています。iPhoneでこの機能を使うためには、脱獄をするしか方法がありませんでした。
脱獄するリスクは非常に高いので、iPhoneからAndroidへ移行したユーザーも少なからずいるのではないでしょうか。
WWDC 2020のイベント中には紹介されなかったこの機能の実装。これで脱獄やAndroidへの乗り換えをする理由の1つが減ったのです。

Androidではできるが、iPhoneではできないことが大幅に減るiOS14

iOS14_20200624_2.jpg

サードパーティ製のメーラーやブラウザをiOS13で使おうとすると、画面長押しをして選ぶなどアクションが1つ以上必要でした。
でも、iOS14でこのアクションが不要になります。

ホーム画面もウィジェットが自由に配置できるようになり、App Clipsで素早く決済ができたり、翻訳機能が追加されたりと機能面での大幅強化です。ただ、Androidには、似たような機能がすでに実装されていました。
今回のiOS14で、このiPhoneではできなかったことをできるようにAppleはしたのです。

iOS14のホーム画面やデフォルトアプリの設定変更など、この機能がないからAndroidに移行するという部分が非常に少なくなりました。
長年のユーザーの声に反映したともいえるでしょうが、ライバルAndroidとの機能的な差をなくし、それをこえる魅力を打ち出そうとしたのがiOS14ではないでしょうか。

iOS14/iPadOS14の正式公開は、2020年の新型iPhone(iPhone12)の発表、発売日と考えられる9月から10月になるでしょう。メールとブラウザのデフォルトアプリ変更機能を使えるようになるまで、もうしばらく待つことにしましょう!

[Source & 画像:Apple WWDC 2020 Keynote , Apple iOS14 ]
(nishiyama082)

Return Top