iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone13のポートレス化のため新しいデータ転送方法をAppleは準備中か?キーはUWB

iPhone12_20200610_1.jpg

Appleは2021年発売のiPhone13の一部モデルをポートレス化するという情報がありますが、そのポートレス化のために、Appleが新しいデータ通信用の端子を準備していると、信頼性の高い情報をリークしている有没有搞措(@L0vetodream)氏がTwitterに投稿しています。

iPhoneにMacBookのMagSafeコネクタのようなものが搭載される?

有没有搞措氏の投稿は以下のものです。

「(Appleは)MagSafeコネクターのようなものを使っての新しいデータ転送方式と接続方法をテスト中。これらは、新しいワイヤレス(ポートレス化された)iPhoneを迎えるための準備としてのテストだ。将来的にデータ転送やその他の目的に使われる中心はUWBとなるだろう。」

有没有搞措氏によると、データ転送用のコネクタはMacBookに以前使われていたMagSafeコネクター形式になるとのこと。MagSafeコネクターは磁力によりケーブルとポートをつなぐ形式のもので、接続が簡単でありケーブルに引っかかってもコネクタがすぐに外れるため、MacBookが机等から落下しないというメリットが大きなコネクターでした。

MagSafeのような形式であれば、接続も簡単に行えるため、ポートレス化したiPhone13には最適なコネクターですね。

iPhone12 Pro MaxのCADデータの中にあったとされる新型Smart Connectorのようなものが、このMagSafeコネクターのことかもしれませんね。

データ転送の主流になるUWB

MagSafeのような新しいデータ転送方式と接続方法が、MacやPCとの接続にも使われ、データのやり取りとして使われる可能性があります。
近距離のiPhoneやその他デバイスとのワイヤレスでのデータ送受信にもっとも使われるのが「UWB」になると、有没有搞措氏は伝えています。

UWB(超広帯域無線)は、数十年前から存在する技術であり、現在は主に産業用として使われています。Bluetoothよりも精度が高い空間認識機能を持っているUWBは、iPhone11シリーズのの「U1」チップに搭載されたことで、一気に注目されました。

Appleのサイトには
「AirDropを使って誰かとファイルを共有する時は、あなたのiPhoneを相手のiPhoneに向けるだけで、その人たちがリストの最初に表示されます」
と書かれていて、AirDropをより便利に使うためにiPhone11シリーズにUWBを取り入れたとしています。

将来的には、Appleが開発していると噂されている「Apple Tag(仮)」と拡張現実(AR)機能を連動していろいろなサービスに結びつけるのではないかといわれています。

iPhone11シリーズに搭載されたU1チップがiPhone12にも引き続き搭載されるならば、UWBを使った通信手段の広がりは、iPhone13でも期待できるものとなりそうです。

[Source:有没有搞措(@L0vetodream) 画像:EverythingApplePro]
(nishiyama082)

Return Top