iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

AFの精度が向上!iPhone12 ProはソニーのLIDARを採用か?バックパネルの画像も出回る

iPhone12_20200720_2.jpg

発売日が2020年10月という線が濃厚になっている新型iPhone、iPhone12 Proシリーズに搭載といわれているLiDARは、ソニー製のLiDARが搭載されると米メディアFast Companyが伝えています。

iPhone11で採用のST Microelectronicsからソニーへ

iPhoneのTrueDepthカメラのセンサーチップはST Microelectronicsが提供しています。業界の予想では、ST Microelectronicsが今年のiPhone12 ProシリーズのLiDARを担当となっていましたが、どうやらソニー製のLiDARをAppleは採用するようです。

採用に至った背景として、ソニーの高度なセンサー技術の開発と、スマートフォンにイメージセンサーを提供する多くの契約で成功したことが大きいようです。
ソニーは、ハイエンドのSamsung、Huawei、AppleのiPad Proに深度センサーを提供しています。

ソニー製LiDARでiPhone12のカメラ性能がさらに進化

iPhone12 ProにLiDARが搭載されるメリットは、実際問題として何があるのかが今ひとつわかりにくいと思うのですが、iPad ProにLiDARが搭載されるメリットよりも、iPhone12 Proに搭載される方が有益な面が多くなります。

iPhone12 ProにLiDARが搭載されることで、カメラの性能が大幅にアップするでしょう。

Fast Companyによると、カメラのオートフォーカス機能、ポートレートモードの背景オブジェクトと前景オブジェクトを区別する機能が向上するということです。

LiDARを使うことにより、今までよりも正確にオートフォーカスをすることができるようになるでしょう。対象物を正確に測定できる深度センサーは、ポートレートモードでも威力を発揮します。現在のポートレートモードは、背景をぼかし、前景の被写体の人物にフォーカスします。しかし、ソフトウェアで前景と背景の区別がはっきりとしない場合もあります。

LiDARを使うことで、この被写体と背景の区別がより明確になりフルサイズのレンズで撮影したカメラに、より近くなった写真に仕上げることができるようになるとFast Companyは伝えています。

カメラとして使うことが多くなるiPhone12だからこそ、AFやポートレートモードでの写真撮影機能が向上することは大歓迎です。

拡張現実アプリとの連携にももちろん期待したい部分です。

LiDARが配置されたiPhone12 Pro Maxのバックパネルか?

LiDARがiPhone12 Proに搭載されるメリットは多くあります。問題はLiDARの配置です。
ここ最近の情報では、iPhone11 Proと同じような配置になるということですが、TwitterにLiDARが配置されたiPhone12 Pro Maxのバックパネルという画像が投稿されています。

こちらを見る限り、やはりiPhone11 Proと同じような配置になっています。
正方形の4眼デザインのiPhone12 Proシリーズが発売される可能性は低くなってきました。

iPhone12の発売日・予約開始日を予想!

9月4日現在の情報から、iPhone12の発表日・予約開始日・発売日(日本時間)を予想してみました。

・10月14日(水)発表日(午前2時)
・10月16日(金)予約開始
・10月23日(金)発売日

発表日は10月13日(火)の可能性もあります。
iPhone12 Proの2モデルは11月上旬発売かもしれません。

[Source:Fast Company Mr·white(@laobaiTD) 画像:The Apple Post ]
(nishiyama082)

Return Top