iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

Appleが折りたたみ式iPhoneの特許取得!フレキシブルOLEDで実現なるか?

ガラケーのような折りたたみ式iPhoneが近い将来に実現するかもしれません。今回Appleは新たにフレキシブルディスプレイを搭載したデバイスの特許を取得しました。

このフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した折りたたみ式のデバイスはクリップのように衣類に挟んで持ち歩くこともできるようです。

中央部分でパカっと折りたためるiPhone!?

Foldable-iPhone1.jpg

先日も、「Appleがカーボンナノチューブ製のフレキシブル基板を用いた折りたたみ式デバイスの特許を取得した」とご紹介しましたが、また新たに折りたたみ式デバイスに関する特許を取得したことが明らかになりました。

Appleが2014年7月に申請し、先日2016年11月22日に米国特許商標庁(USPTO)から認可された「フレキシブル・ディスプレイ・デバイス」と題された今回の特許によると、Appleはガラケーのように中央部分でパカっと折りたたむことのできるiPhoneの開発を進めているようです。

これは、柔軟なフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイと、ニチノールというニッケルとチタンの合金製部品により実現可能となります。特にニチノール合金は弾力性があり、形状記憶の特徴があるため、次世代の折りたたみ式デバイスに広く応用されるかもしれませんね!

折りたたみ方も自由自在!

Foldable-iPhone2.jpg

ボディをつなぐ中央部分は回転動作に対応したヒンジ機構となっており、柔軟なフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイのおかげで、内側にも外側にも折り曲げることが可能です。

ディスプレイを内側にして折り曲げれば、従来のガラケーのようにポケットに入れて持ち運びやすい形状となり、ディスプレイを外側にして折りたたむと片手操作がしやすくなるだけでなく、衣類に挟むことができるので新しい使い方ができそうです。

有機EL(OLED)ディスプレイ部分にはなるべく負担がかからないように、ヒンジの動作によりディスプレイに適度な張りを与える設計がなされています。

Foldable-iPhone3.jpg

また特許申請書類には、2つ折りだけでなく、3つ折りを想定した構造の図が記載されています。近年Appleが躍起になって進めている薄型化がこのままさらに進化すれば、3つ折りにしてもかさばらずコンパクトに持ち運べるiPhoneが実現するかもしれませんね!

なお、フレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイは既に実用段階にまで開発が進んでおり、LGはグニャグニャと曲がるスマホを2015年1月の展示会に出品し対象を獲得しています。

今後は各企業でフレキシブルディスプレイ競争が白熱するのかもしれませんね。

iPhone8には採用せず、まずはMacBookやiPadに採用か

2017年には初代の登場から10周年となる記念すべきiPhone、「iPhone8」が登場する予定です。「iPhone8」にはフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイが搭載されるのではないか、という噂も……。

しかし、情報元のApple Insiderは、Appleが現在のiPhoneの一枚板のデザインを廃止するとは考えにくく、このフレキシブルディスプレイの技術が使用されるとしたらMacBookやiPadシリーズではないか、と述べています。

Source:[USPTO via Apple Insider]
(yorimorishima)

Return Top