iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

「iPhone8」はサイズそのままで5.0インチと5.8インチに大画面化!?

Business Insiderによると2017年に発売される次期「iPhone8」では、現行の本体サイズと変わらぬ大きさのまま、ディスプレイが4.7インチと5.5インチから5.0インチと5.8インチに大型化するようです。

ベゼルレスデザインによってディスプレイ大型化が可能に

iphoneconceptimage-e1463008064648.jpg

Barclays ResearchのアナリストであるBlayne Curtis氏、Christopher Hemmelgarn氏、Thomas O’Malley氏、Jerry Zhang氏がアジアへ出張した際にサプライチェーンの関係者から得た情報として、2017年のiPhone8はデザインはまだ未確定ながら画面縁のベゼルがなくなり全面ディスプレイとなると報告しています。

それにより、現在の本体サイズを維持したまま4.7インチが5.0インチに、5.5インチが5.8インチにそれぞれ大画面化が可能となるようです。

これは以前から噂されているホームボタンの廃止と曲面ディスプレイの採用によって実現されるとみられています。

しかし、Barclays Researchはディスプレイが上下左右に拡大化すると予想しているものの、ホームボタンはディスプレイに内蔵されないと指摘しており、どのようにホームボタンの代わりが実現するのかについては触れていません。

また、上位モデルの大画面化に伴い、「iPhone SE」の後継シリーズにあたる廉価モデルのディスプレイサイズが4インチから4.7インチに拡大するとも語っています。

iPhone8の画面サイズに5.0インチが追加されるという情報は、以前の報道と一致しています。

3モデル体制という噂もありましたが、現行の「iPhone SE」、「iPhone7」、「iPhone7 Plus」が「iPhone8」シリーズではそれぞれディスプレイ拡大化し、4.7インチ、5.0インチ、5.8インチになるということなのでしょうか。

iPhone8 Plusは曲面OLEDディスプレイを搭載?

さらに、Barclays Researchは「iPhone8」では「Plus」モデル限定で有機EL(OLED)ディスプレイを搭載すると予測しています。

「Plus」モデルにのみ限定されることについては、2017年の時点で供給量が間に合わないからと説明しています。

他にも、OLEDディスプレイをプラスチック製にすることによって画面のふちを曲面にして本体側面に回り込んだデザインが可能となると述べています。

また、Force TouchをiPhone7/7 Plusで採用しているフィルム式から、フレキシブルPCB式に変更する可能性があるとも予測しています。

さらに、iPadシリーズが2017年3月にモデルチェンジし、ベゼルフリー化によって本体サイズは同じまま9.7インチ版のiPadが10.5インチに大画面化するとも語っています。

新しいiPhoneの姿を見るのがいまから待ち遠しいですね。

Source:[Business Insider]
(yorimorishima)

Return Top