iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone8シリーズのデュアルレンズカメラは望遠・広角レンズともに光学手ぶれ補正を搭載か

b0029315_22554171.jpg

Apple関連情報の正確さに定評のあるKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によれば、2017年に発売される次期iPhoneのデュアルカメラは大幅に性能が向上し、両方のレンズに光学手ブレ補正(Optical Image Stabilization:OIS)が搭載される予定です。

広角レンズにも望遠レンズにも手ブレ補正機能搭載か

現行モデルの「iPhone7」や「iPhone7 Plus」には光学手ブレ補正機能自体は搭載されていますが、「iPhone7 Plus」のデュアルレンズのうち望遠レンズには同機能がありません。

そのため、デュアルレンズカメラで動画をズームする歳には手ぶれが生じてしまいます。

しかし、次期iPhoneでは望遠レンズにも光学手ブレ補正をサポートするため、この問題が解決されるということです。

Ming-Chi Kuo氏によれば、来年発売される次期iPhoneシリーズのデュアルレンズカメラの性能は大幅に向上し、広角レンズも望遠レンズも両方とも光学手ブレ補正機能が付与され、さらに、写真の品質を向上させるために56mm相当の望遠レンズ側の光学フォーカス機能が強化され、望遠レンズのイメージング能力を高まるとのことです。

ただ、設計のやり直しや、長い校正時間、複雑な組み立て加工が必要となります。これらの技術的な問題がクリアされれば、現状2倍までしか対応していない光学ズームの倍率が伸びる可能性があるでしょう。

暗い場所での撮影の際にズームするとザラザラの荒い写真になってしまうことが多いですが、望遠レンズが光学手ブレ補正機能に対応すればそういった問題もかなり改善されるのではないでしょうか。

デュアルカメラはPlusとプレミアムモデル限定?

またMing-Chi Kuo氏は、デュアルカメラが次期iPhoneシリーズの全モデルに搭載されるとは考えておらず、5.8インチ(アクティブディスプレイは5.2インチ)のプレミアムモデルと、5.5インチのPlusのみになると予測しています。

なぜ上位機種限定でデュアルカメラが搭載されるのかということについて、Ming-Chi Kuo氏は以前、「写真マニアやプロの写真家にとっては魅力的な新機能ではあるものの、iPhone7 Plusのデュアルカメラはまだマスマーケットキラーアプリにはなれない」と語っていました。

エントリーユーザーにはそこまで魅力的な機能ではないため、コストなどの関係からまだ4.7インチのiPhoneに搭載されるのは先のことになりそうですね。

毎年カメラの性能を向上させているiPhoneですが、もう最近ではあまり真新しい進化に出会えていないのも事実です。

先日、次期iPhoneでは3D撮影が可能になるという情報をご紹介しましたが、こういった革新的な機能でユーザーをびっくりさせて欲しいところですね。

初代iPhoneの発売から10周年となる2017年果たしてどんなiPhoneが登場するのでしょうか。

Source:[ MacRumors ]
(yorimorishima)

Return Top