iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone8の採用に向けて?Appleがガラス製ボディの特許を申請

glass-enclosure1.png

2017年にリリース予定の「iPhone8」はデザインだけでなく機能もこれまでとは大きく変わったものとなる、と噂されています。先日も、ワイヤレス充電のためにガラス製のボディを採用するというリーク情報が出ました。

その噂を裏付けるかのように、今回、Appleがガラス製ボディの製造に関する特許を申請していることが判明しました。これにより、ガラス製ボディの採用が一気に現実味を帯びてきましたね。

iPhone8で採用?強度と軽さを追求したガラス製ボディの特許

初代iPhone発売から10周年となる記念すべき2017年に発売される「iPhone8」は、外観デザインが大幅にアップデートされ、ワイヤレス充電が搭載され、そのワイヤレス充電のためにボディがガラス製になり、さらに、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載すると噂されています。

そして、先日のガラス製ボディ採用の噂を証明するかのような特許が申請されました。Appleが申請した「ガラス製筐体」というタイトルの特許は、薄く、軽く、電波をよく通し、強度が高くキズがつきにくいガラス製ボディのワイヤレス端末を製造するためのものです。

有機ELディスプレイの供給問題など問題は山積みのようですが、ワイヤレス充電とガラス製ボディはぜひiPhone8で実現してほしいですね。

筒状のガラスを加工してボディを製造!?

glass-enclosure2.png

今回申請された特許には、ガラス製ボディの製造方法に関して、筒状のガラスで端末を包む手法や、つなぎ目のない一体型の筐体にフレキシブルディスプレイを組み込んだ手法が記載されています。

Appleはガラス製ボディの製造方法について、まずガラス製の筒にボタンや端子用の穴を開け、角を面取り加工し、表面を磨いて加工処理し、最後に保護コーティングを施す、と説明しています。

この方法でiPhoneを製造すると、次期iPhoneはこんなデザインになるかもしれません。

iphone8-concept1713.jpg

また、この特許の中でAppleは、有機ELディスプレイの供給問題を見越してのことなのか、フレキシブルディスプレイを有機EL(OLED)ではなく液晶(LCD)ディスプレイと説明しています。

耐水性能、電波通過性、薄型軽量化で有利なガラス製ボディ

従来のように複数の層からなるボディではなく筒状のガラス製ボディを使用することによって、端末の耐水性能を強化することが容易になる、とAppleは特許内で主張しています。

また、ガラスはアルミよりも電波を通しやすいため、「iPhone6」以降のiPhoneにあるような金属製ボディにアンテナラインを刻む必要もなくなります。

アンテナラインは発表当初から「Dライン」として賛否両論でしたね。「iPhone7」では多少スマートな印象にデザイン変更されましたが、ガラス製ボディにすることで今後はますます自由なデザインが可能となりそうです。

ただ、Appleは取得した特許を製品化しないことも珍しくないため、この特許技術が次期iPhoneに導入されるのか不明です。

とはいえ、最近の噂の多さから、Appleが近い将来ガラス製ボディをiPhoneに採用する可能性は高そうです。期待して待ちましょう!

Source:[ USPTO, Cult of Mac ]
(yorimorishima)

Return Top