iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

次期iPhone8に採用?3D画像顔認証技術の特許をAppleが取得

3D-Face1.png

Apple Insederによれば、Appleが取得した「3Dカメラを用いた顔認識技術」の特許を今回また新たに米国特許商標庁が公開しました。

特許にある顔認識技術は次期「iPhone8」で搭載が噂されている新しい生体認証システムである「顔認証」技術の精度を高めるのではないかと期待されています。

いよいよ次世代iPhoneへの顔認証システム採用が現実味を帯びてきましたね。

3Dカメラと顔認識を組み合わせた技術

米国特許商標庁(USPTO)はアメリカ現地時間3月7日にAppleが取得した「距離情報を用いた高度な顔認識(Enhanced face detection using depth information)」と題された特許情報を公開しました。

今回公開された特許技術は、Appleが数年前から研究を進めてきた顔認証技術と3Dカメラによる画像認識技術を組み合わせたものとなっており、一定の距離にある顔を優先して認識処理をすることで、すばやく正確な認識ができるとのことです。

なお、3Dカメラによる画像認識技術は2013年にAppleが買収したイスラエル企業、PrimeSence社がもつ技術が用いられています。

対象物との距離を測定し、適切な距離の顔だけを認識

通常、3Dカメラで同時に複数の人物の顔が検知されると、システムはそれぞれ全員の顔を追跡・認識処理を行い高い処理能力が必要となります。

そのため、システムに大きな負荷がかかり、認識精度も低下してしまうという問題点がありました。

この問題に対しAppleの特許技術では、3Dカメラで対象物の距離を測定し、適切な距離にある顔のみを選択して認識することができるようになっています。

3D-Face2.png

iPhone8に搭載が期待される顔認証に活用されるのか

先日はApple関連の正確な情報でお馴染みのKGI証券のMing-Chi Kuo氏が今年秋に出る次期「iPhone8」についての予測レポート内でフロントカメラに3D画像認識技術を用いた顔認証機能を搭載すると予測していました。

この特許の技術はそういった今後iPhoneをはじめ多くのApple製品に採用されるであろう顔認証技術に大きな意味を持つと考えられます。

iPhoneと顔認証の対象となるユーザーの顔の距離は一定の範囲内に収まるはずであるため、対象範囲を絞り込むことによってシステムが少ない負荷で処理を行える本技術は、すばやく正確な精度の顔認証が可能となります。

なお、先日報じられたとおり、Appleは今年2月に人工知能(AI)を用いた精度の高い顔認識技術をもつイスラエルの企業RealFace社を買収しています。

このことからも、Appleの顔認識に関連した技術はある程度の完成度に達しているものと予測でき、顔認証を搭載したデバイスの製品化が近いと期待できます。

はたして顔認証技術は次期「iPhone8」に搭載されることになるのでしょうか。

Source:USPTO via AppleInsider
(yori)

Return Top