iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

有機ELに代わるマイクロLEDの搭載はiPhone13ではなくApple Watch先行に

iPhone13_20200604_1.jpg

2020年発売予定のiPhone12は、全モデル有機EL(OLED)パネルを搭載されるといわれています。従来の液晶パネルより鮮明に表示される有機ELパネルにも、寿命やコストなどの問題点があり、現在はそれらの問題点をクリアしつつiPhone、Apple Watch、その他のデバイスに使用しています。
有機ELの次のディスプレイとして話題の高画質なマイクロLEDが、2021年発表されるであろうiPhone13に搭載されるのかどうかが、今注目されています。

マイクロLEDは有機EL(OLED)の問題点を解消しつつ高画質

有機ELの欠点とされているのが変質による焼き付き。Appleは焼き付きを避けるために、OLEDテクノロジーを開発しています。

それは、iPhone側で、各ピクセルの明るさを適時に自動調整し焼き付き現象を抑えながら、いつでも同じように画面を見続けられるようにプログラムされたものです。

ただし、有機ELの特性があるため有機ELを使用しているiPhoneを使う場合は、輝度を明るくして静止画を長時間表示させないなどの注意をしながら使う必要があります。

そこで注目されているのがマイクロLED。焼き付きや劣化の問題点を解消し、有機ELよりも高画質な映像表示が可能な次世代ディスプレイといわれているのがマイクロLEDです。

マイクロLEDはiPhoneではなく先にApple Watchに搭載される

ミニLEDがiPhone13に搭載されるのではないかということを、Apple ROMORs (LEAKS)氏がTwitterに投稿していましたが、その投稿に対して、ミニLEDではなくマイクロLEDではないのかという意見が多く返信されていました。ミニLEDではなくマイクロLEDがAppleのデバイスに採用されるという内容に訂正をしています。

このように将来的にはマイクロLEDがAppleのデバイスに搭載されるようになると考えられますが、搭載は2021年に発売予定のiPhone13にはじめて搭載されるのではなく、Apple Watchへの搭載が先になりそうです。

ただし、有没有搞措(@L0vetodream)氏がTwitterに投稿した情報では、次期Apple Watch Series 6はAppleが工場を買収したジャパンディスプレイ(JDI)のものを搭載するということです。

有没有搞措氏の情報が正しいとすると、Apple WatchへのマイクロLED搭載は2021年以降となりそうです。

有機EL(OLED)をiPhoneに搭載した流れは以下のようになっています。

2015年→初代Apple Watchに有機ELを採用
2017年→iPhone Xに有機ELを採用

Apple Watchに搭載されてから2年後にiPhoneに有機ELを採用しています。

この前例をみると、Apple WatchにマイクロLEDが搭載されてから1年から2年後にiPhoneへ搭載されると予想できるのではないでしょうか。

マイクロLEDは2021年発表のiPhone13ではなく、2022年以降のiPhoneに搭載されることになりそうです。

[Source:LEDinside , MacRumors 画像:Apple]
(nishiyama082)

Return Top