iPhone13 発売日 予約ログ

新型iPhoneの最新情報

【iPhone13(仮)予約開始日・発売日予想】
発表:2021年9月7〜8日
予約開始日:9月10日(金)
予想発売日:9月17日(金)

【予想モデル】

iPhone13/mini/Pro/Pro MAX

iPhone12 ProのカメラはiPhone11 Proと同じトリプルカメラデザインで小さめのLiDARを配置か?

iPhone12_20200803_1.jpg

2020年新型iPhone、iPhone12 Proシリーズのカメラユニットのデザイン画像を、iPhone12の発表から予約日・発売日までの日程を予想したリーカーがTwitterに投稿しています。
これまでの正方形に4眼が配置されるデザインとは違い、iPhone11の3眼のデザインがベースになっています。

iPhone12 Proのカメラユニットはやや大きい

iPhone12 Proシリーズのカメラユニットのデザイン画像をTwitterに投稿したのは、Komiya(@komiya_kj)氏です。Komiya氏は、先日iPhone12の発表から発売かでの細かなスケジュールを予想したリーカーです。

Komiya氏のiPhone12 Proのカメラユニットデザインでは、正三角形のトリプルカメラが基調になり、上部にはマイクとフラッシュを、下部に小さめのLiDARが配置されているものになっています。

このデザインはiPhone11 Proと同じようなデザインですが、iPhone12 Proのカメラユニット部分は、iPhone11 Proよりもやや大きくなるという噂です。
iPhone12 Proのカメラ部分の大きさは、iPhone12 Pro用と思われるケースの画像のカメラ部分とiPhone11 Proのカメラ部分を比較することで、ややiPhone12 Proの方が大きいことがわかっています。

iPhone12 Proに搭載されるLiDARはやや小さめ

iPhone12 Proのカメラ部分は、iPhone11 Proと似た配置になっていますが、LiDARはちゃんと搭載されています。上部のマイクとフラッシュは2つの円の形で横並びに、下部にはLiDARがフラッシュよりは大きい円で置かれています。

iPhone12 Proが、LiDARスキャナとの組み合わせで精度が高い立体空間認識機能を活用するためには、トリプルレンズに加えてLiDARを小さく下側に配置したほうがよいという意見もありますが、デザイン的には正方形でレンズ部分が同じ大きさである方がバランスはとれています。

iPhone12シリーズの発売は、例年よりも数週間遅れるとAppleのCFOのLuca Maestri氏が発言しています。

2020年に発売するiPhone12シリーズは、ハイエンドの6.1インチiPhone12 Proと6.7インチiPhone12 Pro Max、そしてスタンダードの5.4インチiPhone12、6.1インチiPhone12 Maxという4モデル構成で登場すると予想されています。

実際にiPhone12 Proシリーズの予約が開始し、発売されるのは10月中旬あたりではないかと思われます。
カメラ部分が大幅に進化するiPhone12 Proシリーズ。そのデザインはとても気になる部分ですね。

[Source & 画像:Komiya(@komiya_kj) ]
(nishiyama082)

Return Top